FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

インナーでも、一枚でも活躍必至。誠に上質な白のロンTをご紹介。

下着として認識されがちな、白のロンT。社会通念を自覚していればこそ、一枚で着るのはなかなか憚れるアイテムです。でもそんなアイテムでファッションを成立させられたら、どれだけセンスに満ちたスタイリングになるんだろう。

ということで今回も弊社アプリのPostをもとに、ショップスタッフが提案してくれた白のロンTをご紹介。ファッションを成立させてくれる鍵は上質さ。高級感すらあるアイテムたちなので、一枚で勝負したい人も、普段のスタイリングをアップデートしたい人も、ぜひご覧ください。

スウェットのような佇まいのロンT

ss00505
GOWN&FOUNDATION – 丸胴 L/S TEE ¥13,176 (tax inc.)

大阪 FREEDOM FROM COMMONSENSE.の高木さんが提案するのは、『GOWN&FOUNDATION(ガウンアンドファンデーション)』のロングスリーブ。袖口や裾に施されたリブ、天竺編みといった趣向がスウェットの匂い漂うこちらの一着。使用している素材もコットンで洗濯に気を配ることなしのため、インナー、アウター両者でヘビーに着用できます。

グッとレイヤードの幅を広げるロンT

ss00506
Audience – コーマ天竺ロング丈長袖Tシャツ ¥5,184 (tax inc.)

高円寺 Audience atelier shopの川島さんが提案するのは、同『Audience(オーディエンス)』の長袖Tシャツ。長く設定された丈にラウンドカットされた裾、そして体にフィットするシャープなシルエットは、インナーとして頭一つ抜けた仕事をしてくれること間違いなし。春先は、ショート丈アウターとの丈の長短のバランスで遊べる一着です。

Made in USA。このワードだけで頑丈さが伝わるロンT

ss00507
Goodwear – crew neck Pocket long sleeves ¥7,452 (tax inc.)

代々木上原 LILYの加藤さんが提案するのは、『Goodwear(グッドウェア)』のクルーネックロングスリーブ。「10年着続けられる」というほど、質実剛健な作りに定評がある同ブランド。胸ポケット以外に表立った特徴はないものの、ざらっとした独特の風合いや頑丈さを着ていくことで感じるMade in USA。コストパフォーマンスを求めるならこの一枚です。

いかがでしたか?気になる白のロンTがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.インターンS

MORE FOR YOU

汗ジミ防止、接触冷感…今夏のマストバイTシャツ3枚。
色で差をつける短パン×ソックススタイル。おすすめの6足をチョイス。
全員NBを履いている歯医者さん #編集部のラジオ
今穿きたい短パンはコーデュロイ! おすすめは〈オーシャンパシフィック〉の一本です。
【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品

RANKING

  1. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  4. 汗ジミ防止、接触冷感…今夏のマストバイTシャツ3枚。
  5. 知らなきゃ損!ハイクオリティな「国産デニム」ブランド5選