FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【まとめ】街で難なく着られるメンズのスウェットパンツを集めてみました。

・年々アップデートされる転写技術を施したスウェットパンツ

medium
Talking About The Abstraction – Print Sweat Pants ¥24,840(tax.in)

お次はTalking About The Abstractionから、同ブランドが得意とする高い転写技術が施されたスウェットパンツ。プリントは60~70年代のデニムをモチーフにしており、裾の裏地までプリントする徹底ぶり。あたかもデニムを穿いているかのようにロールアップして見せることが可能です。裏地はデニムの成りにも関わらず、起毛になっているため温かく、そして快適に過ごせてしまう面白さも。

・ハードなアイテムも難なく合わせられるスキニータイプのスウェットパンツ

09271250_5607679f0294f
URU – スウェットスキニーパンツ ¥21,600(tax.in)

残り2本、LENからは「URU」のスウェットでは珍しいスキニーシルエットのパンツ。表にはコットン素材、裏には保温性の要、ウールを使用した、二層構造仕立てのスウェットパンツです。特徴であるスキニーシルエットは、絶妙な裁断と長めに設定したリブで綺麗なテーパードを実現。そのため革靴やスニーカーはもちろん、ライダースなどのハードなアイテムにもマッチしてしまう対応力が魅力的です。

・独特の裏毛素材とリブ使いが印象的なイージーパンツ

o0640046813471091667

WHITELINE – Wool Boa 裏毛 Pants ¥17,280(tax.in)

ラストはHour Chambersから、「WHITELINE」の通常のスウェットパンツとは一味違うイージーパンツ。スウェットパンツよりアクセントが強めの素材には、独特の裏毛を使用。イージーパンツとのバランスをもって配された、チープさを感じないブランドオリジナルのリブ使いもポイントです。シルエットはやや細身なので独特の素材感でありながらスタイリングで意外とハマりやすいのも◎。

いかがでしたでしょうか?今もっているワードーローブのスタイリングの幅を広げたり、クローゼットに仕舞い込んである洋服を着るきっかけになってりと、何かと有能なのがスウェットパンツ。マンネリ感を打破する鍵は意外とこれだったりするかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

※この記事はこちらのイライを参考に書いています。気になるアイテムがあった場合や、もっと詳しく知りたい人はリンク先から各ショップにメッセージを送ってみてくださいね。

Text.Shunsuke Mizoguchi

 

MORE FOR YOU

センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!
2022年上半期のベストバイ #編集部のラジオ
こんな「キョウト」がほしかった!ビルケンシュトックのジャーナル スタンダード別注モデルを見逃すなかれ。
“ダサかっこいい”が新鮮! 今年こそ着たい半袖シャツ。

RANKING

  1. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  4. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  5. 肌が透けません。セレクトショップから厳選した厚手の白Tシャツ10枚。