FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

予算3万円。今の時期から育てたい、オススメの濃紺デニムをご紹介します。

うだるような暑さも落ち着き、街中で見かける装いも徐々に秋冬ものへコンバートしている気配がちらほら。トップスは重ね着すれば寒暖差にも対応できるけど、ボトムスは単体で穿くのが基本なので、気温の調節が難しいですよね…。

そこで前回に引き続き、通年穿けるボトムの定番であるデニムをご紹介。通年と言っても真夏は暑くて敬遠していた方もいると思いますが、秋は涼しくなってガンガン穿ける、まさに濃紺デニムを育て始めるのにぴったりな時期です。今回も育てがいのある良いデニムを揃えたので、ぜひご覧ください。

イタリア発、ジャケットスタイルにもハマる上品なデニム

o768to75ds

SIVIGLIA – denim ¥29,160 (tax inc.)

南青山のセレクトショップ、La Gazzetta 1987が提案するのは、『SIVIGLIA(シヴィリア)』のデニム。“クラシック”をベースにしつつも現代的な解釈を加えたイタリアのパンツブランドとだけあって、デニムが元々作業着だったことを忘れさせるほど上品な佇まいです。

タイトなシルエットが非常に美しく、様々なコーディネートに合わせられる為、一本持っているだけでスタイリングの幅も広がります。いつものカジュアルスタイルを綺麗に仕上げてくれるだけでなく、ジャケットスタイルでも違和感なくまとめ上げてくれる一本です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

王道のデニムには飽きた方にオススメしたい、シルエット勝負できるセルヴィッジデニム

43gnqtnq4

Elephant Blanc – 13.5oz Selvage Denim Pants ¥23,760 (tax inc.)

学芸大のセレクトショップ、LINKSの酒井さんが提案するのは、『Elephant Blanc(エレファンブラン)』の13.5oz Selvage Denim Pants。股上が深く、股下から裾に掛けてゆるやかにテーパードを効かせたワイドシルエットが、今までの濃紺デニムと見比べるとかなり新鮮。

ボディと同色のステッチを使用し、外脇をシームレスにすることでミニマルなデザインに。また、マーベルトをコーデュロイの生地で切り替えることで、快適な着心地を実現しています。リジットデニムならではの穿いていくごとに自分だけの色落ちを楽しめる、経年変化が魅力の逸品。セットアップで使えるジャケットも合わせてオススメです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

スラックスと間違えるほど綺麗に見せてくれるデニム

08231250_57bbc7e819820

NEON SIGN – GHETTO DENIM SLACKS ¥21,600 (tax inc.)

大阪のセレクトショップ、LENの山本さんが提案するのは、『NEON SIGN(ネオンサイン)』のGHETTO DENIM SLACKS。同ブランドの新作ではありますが、その完成度は定番品かと見間違えるほど。

なんといってもこのセンタープレスの入り方は、往年の名作スタプレ並みに足を綺麗に見せてくれます。それでいてリジッドデニムなので、自分の体に馴染ませていく楽しみもあるのが魅力的。アタリを出しつつセンタープレスを保てれば、唯一無二なデニムになるのでしょうか。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?色落ちの仕方やスタイリングなど、気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】〈CURLY〉から裏毛プルオーバーパーカーが初登場!
【編集部ラジオ】vol.34│失敗しない(?)福袋の選び方、冬の防寒インナー事情など
アラフォーにも刺さる〈シュプリーム〉のリジッドデニム #ととのいま品
【SHOP BLOG】真冬のマストバイ!「寒さを撃退する」キャンバーの肉厚パーカー
〈THE NORTH FACE〉の定番アウターは色で差別化すべし! #ととのいま品
ゴールド刺繍のアークテリクス #ととのいま品

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選