FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

そろそろ気になる?機能もデザインも秀逸な、今押さえておきたいメンズニットをまとめてみました。

links-crepuscule1

秋冬のスタイリングで大活躍するトップスといえばやはりニット。防寒面でも重宝するし、もはやニットの表情そのものが秋冬の気分を盛り上げてくれると言っていいほど、寒い時期には欠かせないアイテムです。

そこで今回は今からでもおさえておきたい、機能性もデザインも秀逸なニットをまとめてみました!ニットブランドといえば、の定番ブランドから、なかなかウェブでは見つからないツウ好みなアイテムが集まった6選に。まだ冬物はちょっと…という方も、良いものほど早く売り切れてしまうので、今の内から目星をつけるためにも是非チェックしてみてくださいね!

今やニットブランドの定番、確かな作りのざっくりニット

1_000000000936

crepuscule – MOSS STITCH P/O ¥17,280 (tax inc.)

LINKSの酒井さんが提案するのは、『crepuscule(クレプスキュール)』のMOSS STITCH P/O。確かなものづくりと独自の表情でファンを増やし続けている、同ブランドの代名詞とも言えるニットとは?

「同ブランドの定番、度詰めの鹿の子編みで仕上げたクルーネックタイプのコットンニット。コットン100%のため吸湿性が良く、優しい肌触りが特徴です。また凸凹部分に体温が留まる仕組みのため、保温性にも優れています。(…)シンプルではあるもののブランドの代名詞であるドロップショルダーも健在で、抜け感のあるゆったりしたシルエット。程よい生地の厚みでオールシーズン着用できるため、トップスとしてだけでなく、インナーとしても活躍してくれるお勧めのアイテムです。」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

シンプルかつ上品に仕上がるニット

a0044

DE BONNE FACTURE – WOOL PIQUE TURTLENECK ¥35,640 (tax inc.)

husbandが提案するのは、『DE BONNE FACTURE(ドゥ ボン ファクチュール)』のWOOL PIQUE TURTLENECK。フランス発、仕立ての良さが光るブランドの、飽きのこない上品なニットとは?

「1927年にフランスで創業したアトリエ・フィールズダルボーで製作しているブランド。ウールピケは鹿の子のようなドライな肌触りが特徴です。シンプルなデザインが素材の上質感を際立てています。ミドルゲージなので単品はもちろん、アウターのインナーとしても使えます。」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

伝統のつまった総柄ニット

a00045

Jamieson’s – フェアアイルニット ¥27,000 (tax inc.)

wienの高田さんが提案するのは、『Jamieson’s(ジャミーソンズ)』のフェアアイルニット。シェットランドで100年以上ニットを作り続けている老舗ブランドの、1世紀愛され続けるニットとは?

「120年以上前からイギリスのスコットランドで変わらぬ製造をし続け、伝統的な草木染めと無染色のシェトランドウールを使用しているニットブランド。伝統的なフェアアイル柄が特徴的。抜群の保温性に加え細身なシルエットなのでシャツ等とのレイヤードにも最適です。飽きる事なく末永く着用頂ける一生物のアイテム。」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

バリエーションも豊富、使えるシーンも豊富なニット

a0045

Fileuse D’arvor – “DOUARNENEZ” COTTON KNIT ¥19,980 (tax inc.)

SEPTISの小山さんが提案するのは、『Fileuse D’arvor(フィルーズダルボー)』の”DOUARNENEZ” COTTON KNIT。程よい厚みでインナーとしても一枚でもサマになるニットとは?

「当店からのおすすめはフランスの老舗メーカー、FILEUSE D’ARVORのミッドゲージコットンニット“DOUARNENEZ”です。ざっくりとした編立てでありながら、薄すぎず、厚すぎずのボリュームに仕上がっておりますので、春、秋はアウターとして、冬場はインナーとしてお使いいただけます。独自のフレームワークにより、お洗濯しても型崩れや縮みのでにくいニットになっており、ご家庭でのケアが可能です。近年じわじわと取扱店舗も増え、昨年はPITTIにも出展。まさに実力派ブランドと呼ぶに相応しいD’ARVORのコットンニット。秋物初買いにいかがでしょうか?」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ショールカラーが大人っぽさを引き立てるニット

a000046

WRAPINKNOT – BACK JACQUARD SHAWL PILLOVER ¥31,320 (tax inc.)

ANALOGICの渡邊さんが提案するのは、『WRAPINKNOT(ラッピンノット)』のBACK JACQUARD SHAWL PILLOVER。総柄ながらも色味と襟元で大人らしく仕上がるニットとは?

「ラッピンノットは新潟県五泉市にて50年以上の歴史を持つ日本有数のニットファクトリー。多種多様の編み機と職人による縫製技術がクロスオーバーしてハイクオリティなアイテムを展開しています。こちらのショールカラーニットはウールとポリエステルを袋ジャカードにすることでハリとコシをもたせております。ダイヤ柄と小さめショールカラーが特徴的なミドルゲージニットで、カラーは他にネイビーとグレーもご用意しております。」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

無骨なデザインでありながら、丁寧に仕立て上げられたクルーネックニット

a0000047

OUTDOORkintwear – Crew Neck Elbow Patch ¥29,160 (tax inc.)

LILYの加藤さんが提案するのは、『OUTDOORkintwear(アウトドアニットウェアー)』のCrew Neck Elbow Patch。肩と肘に伝統的なパッチを施した、本格仕様のニットとは?

「イギリスで100年近く続くニットブランドのアイテム。MADE IN ENGLANDで100%PURE NEW WOOLを使用するなどこだわりも老舗ならでは。陸軍や海軍にも支給しており、商品には1つ1つにシリアルナンバーが付いて品質の良さに自信がある事を表しています。こちらのアイテムはショルダー、エルボーパッチにリアルスウェードを使用した本格的なアイテムです。伝統的なハンティングでもよく見られるデザインですが、今季の70’sテイストにもピッタリなアイテムです。」

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?どれも秋冬コーデでは主役になるものばかり、先に買って、これらに合わせるシャツやボトムを探すのもいいかもしれないですね。気になった人はぜひ詳細から「商品の取り置き」や「質問」をしてみてください!

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介