FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ようやくアウターの出番です。この時期から着られる、秋冬アウターをどうぞ!

じめっとした気だるい暑さが消え、寒さが身に染みる季節がようやく到来。朝晩はシャツ一枚だと冷え込んでしまう…ということで、ようやくアウターの出番です。

そこで今回はこの時期から着用できる秋冬アウターをご紹介。中にはもうちょっと寒くならないと着られないものもありますが、そろそろ手を出してもいいのでは?というところを揃えています。ぜひご覧ください!

驚きの収納力と快適な着心地を提供してくれるドクターコート

ss00085
Dr.Franken – Dr.Coats Artirosa ¥45,360 (tax inc.)

学芸大学のセレクトショップ LINKSの酒井さんが提案するのは、『Dr.Franken(ドクターフランケン)』のDr.Coats Artirosa。同ブランドの定番としてリリースしている撥水機能を持つ、超高密度ポリエステル・ナイロン複合素材“artirosa”を使用したコートです。

ソフトな感触とふくらみのあるしなやかなさを兼ね備えているので、着心地も快適。更にiPadさえも収納できるサイズのポケットを備えているので、このコートを羽織るだけで小さなバッグの用途も満たしてしまうという利便性の高さが魅力的です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ウールニットを使用した、しっかりとしたボリュームのステンカラーコート

ss00084
URU – SOUTIEN COLLAR COAT (GRAY) ¥64,800 (tax inc.)

大阪のセレクトショップ FREEDOM FROM COMMONSENSE. の青山さんが提案するのは、『URU(ウル)』のステンカラーコート。柔らかく滑らかな質感を持つ2重編みウールニットを使用しています。

細かく編み込まれたウールニットを二重に編み合わせ、コートとしては若干薄手な仕上がりながら、しっかりとしたボリュームを持ち真冬の装いにも耐え得る防寒性を備えた逸品。身幅には十分なゆとりがあるため、ボリュームのあるインナーとの相性は間違いなしです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

襟立てもまた粋なスタイル、バルマカーンコート

ss00083
tim. – Balmacaan Coat ¥89,640 (tax inc.)

千歳船橋のセレクトショップ LICLEの鶴田さんが提案するのは、『tim.(ティム)』のバルマカーンコート。ラグランスリーブになってるため、肩周りがつっぱらずとても動きやすいようになっています。

内側はフリースのように柔らかく、背裏から袖までキュプラ素材を使っているので袖通しが滑らかな仕様というのも◎。ネイビーなので、非常に手を付けやすく、これからの時期に重宝したくなるコートです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ダッフルコートをアレンジ?ブランドらしさを感じるフーデッドコート

ss00086
STILL BY HAND – スーパー100sメルトン フーデッドコート ¥54,000 (tax inc.)

大阪のセレクトショップ Eight Hundred Shipsの菅さんが提案するのは、『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のフーデッドコート。ダッフルコートをモチーフに、あらゆる要素をそぎ落としたようなシンプルなデザインが魅力的です。

ソフトな表地とナイロンの裏地、さらにダウンと同等の保温力を誇る中綿で、暖かいのに極めて軽い着用感を体感できます。身幅が広くとられているので、厚手のセーターやジャケットなどのアウターとしてもオススメ。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

高い機能性を持つ、愛着沸くこと間違いなしのフーデッドコート

ss00087
HANSEN – BJOERN Hooded Windbreaker ¥74,520 (tax inc.)

仲町台の洋品店 Euphonicaの井本さんが提案するのは、20世紀初頭のワークウェア等に着想し、現代の服として再構築した洋服を展開する、コペンハーゲン発『HANSEN(ハンセン)』のフーデッドウィンドブレイカー。

しっとりとした手触りの厚手コットン生地を一枚仕立てにして製品洗いがかけられており、ディテール等の細かなデザインもさることながら着用時の絶妙なクタリ感が何とも魅力的なコートです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

新鋭ブランドが作るモダン仕様のモッズコート

ss00088
GROUPIE – MOD’s COAT ¥70,200 (tax inc.)

代々木上原のsunday peopleが提案するのは、『GROUPIE(グルーピー)』のモッズコート。肩のエポレット、ウエスト、裾のコードなどミリタリーのディテールを排除し、ミニマルなデザインに仕上げた一着。フードは取り外しができるため、スタンドカラーコートとしても着用可能です。

コットン×ナイロンの6/4素材を上から樹脂加工してある独特な別注生地を使用し、裏地はグレンチェックのウール素材が使っているため、撥水性と防寒性を兼ね備えた、真冬でも活躍必至のアイテムになっています。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【1/16~1/22】
【SHOP BLOG】ポーランド発バッグブランドのガチめなバックパック。
【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選