FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

この秋冬の勝負服?今注目したいメンズのトレンドアウター3選

全体的にビッグシルエットのアイテム選びがトレンド傾向にある今シーズン。ワイドパンツを穿くのは鉄板、トップスもゆったりめなアイテムを選ぶか、それともジャストサイズでAラインのシルエットを作るかは個人の好みによりますが、どちらを取っても大きく外すことはないのが今の雰囲気。

そこで今回はジャストなものからオーバーサイズのものまで、この秋冬で活躍してくれるアウターをご紹介します。サイズ感でトレンドを押さえつつ、生地やシルエット作りにこだわったアイテムたちなので、周りと差がつくこと請け合いです。ぜひご覧ください。

ブランドらしいパターンワークと抜け感が絶妙なコート

349thtgu

TS(S) – カラーレスコート ¥52,920 (tax inc.)

JOURNAL STANDARD 渋谷店の志村さんが提案するのは、『TS(S)(ティーエスエス)』のカラーレスコート。

トラディショナルスタイルをベースに、ワーク、ミリタリー、スポーツなどのスタイルを取り入れ、「ありそうで無い物作り」「行き過ぎない意外性」というバランス、スタンスを目指し活動している同ブランド。そんなブランドらしいカッティング、パターンワークがまず目を引きますが、素材はコットン、ウール、ナイロン、ポリと生地にもこだわりが現れている一着。コートではあるものの、大きく開いた首元によってレイヤードを楽しむことができます。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

素材感が活きている、ワイドパンツと相性抜群なノーカラーブルゾン

0jinbu3

juha – NO-COLLAR BLOUSON ¥47,520 (tax inc.)

学芸大のセレクトショップ、LINKSの酒井さんが提案するのは、『juha(ユハ)』のNO-COLLAR BLOUSON。表地はカシミヤ混のビーバー素材、ライニングには滑りの良いキュプラを使用。上品な艶感と柔らかな風合いはこの素材ならでは。

切り替え利用で作ったサイドポケット、ステッチは表に落とさず、素材を生かしたミニマムなデザインを表現。ショート丈とジャストサイズが相まって、レイヤードスタイルにはぜひとも着回したい一着。インナーに少し長めの丈のアイテムを選んで、ワイドパンツを履けば上級者感が演出できます。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ロング丈、ゆったりめシルエットで雰囲気でまくりなショップコート

bulbd

RICEMAN – Shop Coat ¥32,400 (tax inc.)

仲町台の洋品店、Euphonicaの井本さんが提案するのは、『RICEMAN(ライスマン)』のShop Coat。肉厚の太畝コーデュロイが秋冬気分を駆り立ててくれます。

この野暮ったさがクリーンでミニマルなデザインに慣れた今見ると、かえって新鮮に映るんですよね。背中には大きくプリーツが設けられているので、見た目以上に腕や肩が動かしやすいのも◎。トレンドズバリというよりも、ゆったりしたサイズ感だけが程よく時代感を反映しているので、来年も再来年も着ていきたいですね。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました
暖房いらずな〈アークテリクス〉のベスト。#ととのいま品
【SHOP BLOG】フレッドペリーの定番ドンキージャケットが届きました!
今週末に編集部が読んでほしい記事【1/9~1/15】
【SHOP BLOG】〈CURLY〉から裏毛プルオーバーパーカーが初登場!
【編集部ラジオ】vol.34│失敗しない(?)福袋の選び方、冬の防寒インナー事情など

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選