FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

この春おすすめ!ベーシックでこだわりのあるブランドをまとめてみました

STYLER MAG編集部がおすすめする、ベーシックでこだわりのあるブランドをまとめてみました!

WORLD BASICS

WORLD BASICSは2012年にスタートした、”今”まさに求められ、”未来”に残っていくであろう”更新するベーシック”アイテムを提案するファッションライフスタイルブランドです。

高度な技術や、こだわりの素材を使った質の良いカジュアルベーシックな服たちは、服好きも納得のクオリティ。ほとんどのアイテムが日本製で、値段もリーズナブルなのも嬉しいところ。

取り扱い店が少ないのだけが難ですが、ベーシックでコスパの良いブランドを探している人にはマストでおすすめしたいブランドです。

LIVING CONCEPT

y-13

ライフスタイルを彩る素敵な10のキーワードをコンセプトにこだわりのあるベーシックアイテムを展開している、LIVING CONCEPT。1LDK、UNIVERSAL PRODUCTSなどを運営する※I.D.Land社のブランドということで、センスは折り紙つきです。

展開されているアイテムはすごくベーシックですが、“今”っぽいシルエットで細かいディティールも絶妙。特に今シーズン、展開されているテーパードパンツ(Levi’s606をアップグレードしたモデル)のクオリティは◎。絶賛です。

クオリティと比較して、リーズナブル(シャツが1万円代、コートも2万円代)な価格設定なので、かなりお買い得かなと思います。タイトに作られているアイテムが多いので、細身の人には絶対見てもらいたいブランドです。

※1LDKは服からライフスタイルまで提案するハイセンスのセレクトショップ。ベーシックから新鋭ブランドまで揃えたセレクト、クオリティの高いオリジナルブランド(UNIVERSAL PRODUCTS)などを展開し、高い評価を得ている。

good thing

KENIFINE-17

good thingも日本製にこだわった服づくりをしているブランドです。

good thingでは、AOCの哲学をヒントに、「生産者の顔が見える農産物のように、製品の出自を明らかにしたい」という考えで、商品毎に生産地の情報を記載するという面白い試みをしています。(ECサイトの商品ページにはFACTORYの項目があり、製品をどこの場所で作ったかという記載している)

デザインはベーシックだけど、ロング丈だったり、ノーカラーだったりと、少しユニセックスな香りがする服が多いです。価格は(例に漏れず)リーズナブルなので気になる人は是非チェックしてみてください!


以上、STYLER MAG編集部がおすすめするブランドまとめでした。今回はMIDDLEカテゴリーに当たる価格帯で、リーズナブル且つベーシックでこだわりのあるブランドに絞ってご紹介してみました。
次回はまた違うテーマでブランドをまとめてご紹介しようと思うので、お楽しみに!

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【11/21~11/27】
【SHOP BLOG】INSTRMNT オーダー受注会のお知らせ
【編集部ラジオ】vol.28│おすぎが教えるメルカリの販売Tips、最近気になるバッグブランドなど
“気持ちよさ”で選んだ〈ナルゲン〉のウォーターボトル ♯ととのいま品
オフィスでも昼寝できる!DODのバッグインベッド #ととのいま品
〈コロンビア〉のあったかフリースソックス♯ととのいま品

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 失敗しないメンズパーカー12選。ショップ店員おすすめブランドとお手本コーデ