FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

さり気なくトレンドを取り入れませんか?コートのインナーとして使えるミリタリーシャツをご紹介します。

MA-1を筆頭に、モッズコートやベイカーパンツなど昨今のトレンドとして熱いミリタリーアイテム。冬のアウターも非常に優秀なものが揃うミリタリーアイテムですが、今シーズンならさり気なくインナーとして忍ばせるのがちょうど良い使い方ではないでしょうか?

そこで今回は、コートのインナーとして使えるミリタリーシャツをご紹介しました。冬に使いやすいカーキ色のものを集めているので、ぜひご覧ください!

モダンな作りでありながら、癖の効いたプルオーバーシャツ

ss00151
after dark – Pullover Shirt “Stockholm” ¥16,740 (tax inc.)

仲町台の洋品店 Euphonicaの井本さんが提案するのは、『after dark(アフターダーク)』のプルオーバーシャツ“Stockholm”。スウェーデン軍のシャツをベースにリデザインされたネルシャツは、現在のトレンドを抑えたようなプルオーバー式と着丈の長さが特徴的です。

サイドには、ハンドウォーマーポケットが設けられ、ボタンは、ヴィンテージのワークシャツのような猫目タイプを使用。ミリタリーとは一線を引いたようなデザインがまた良いですよね。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

独特な深い色味と魅惑的なシルエットのコットンシャツ

khaki-shitrsthe essence – GREEN COTTON SHIRT PAINTED WITH SHELLAC ¥27,378 (tax inc.)

学芸大学のセレクトショップ LINKSの酒井さんが提案するのは、『the essence(ジエッセンス)』のコットンシャツ。独特な深みのある色合いが特徴のタイプライタークロスを用いたシャツは、サラッとした肌触りと上品な光沢が◎。

脇ポケットにはシェラック(動物性天然樹脂)が施されており、後世へその構造と形状を保存するためにポケットを綴じたような作りになっているというのも目を引くポイントです。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ミリタリーベースで男らしく決まるスタンドカラーシャツ

ss00152
SAGE DE CRET – スタンドカラーロングシャツ ¥22,680 (tax inc.)

EDIFCE TOKYOの吉海さんが提案するのは、『SAGE DE CRET(サージュデクレ)』のスタンドカラーロングシャツ。トレンドのワーク、ミリタリーテイストを得意とする同ブランドのシャツをEDIFICEが別注した一品です。

ドイツ軍フィールドシャツをベースに身幅を大きく、着丈を長く設定しているので、ショップコート感覚でも着用できます。柔らかいので肌触りも良く、水洗いをかけることで自然なシワ感を生み出せれるのも嬉しいところ。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

ミリタリーを街着に落とし込んだハンターハイカーシャツ

ss00153
CORONA – cso86-hunter hiker shirt ¥28,944 (tax inc.)

中目黒のセレクトショップ、COPERが提案するのは、『CORONA(コロナ)』のcso86-HUNTER HIKER SHIRT。CORONAのシャツジャケットシリーズの1つで、フィッシングジャケットのディティールを組み込んだアウターシャツになります。

多機能なポケット類に加え、カフスと襟は調整可能なベロクロ仕様。インナーにカットソーやニットなどを仕込み、ライトアウターとしても使える一枚です。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

古着ミリタリーをリメイクし、生まれ変わったフーデットミリタリーシャツ

ss00154
GROUPIE – HOODED MILITARY SHIRTS ¥25,920 (tax inc.)

代々木上原のショップ sunday peopleが提案するのは、『GROUPIE(グルーピー)』のフーデッドミリタリーシャツ。古着のミリタリーシャツをモチーフに、フード・ワッペンを付けた少し可愛らしいシャツです。

スーピマコットンに少しリネンが入った生地を使用しているので、パリッとしつつもリネンのくたっとした生地感も味わえます。また、両脇にシームでポケットが付いているので、シャープなシルエットながら様々な着こなしが楽しめます。

この商品を詳しく見る(Replyを見る)

いかがでしたか?気になるアイテムがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。

Text.スタイラー編集部

 

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【1/16~1/22】
【SHOP BLOG】ポーランド発バッグブランドのガチめなバックパック。
【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選