FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

アップデートされ、汎用性抜群。編集部が選ぶ、ミニマルなモッズコート。

ますます寒さが厳しくなるこの季節、防寒性に優れているモッズコートで寒さを凌いでみませんか?もともと軍用として作られたモッズコートは、防寒性だけでなく耐久面にも長けています。ただ、見た目にインパクトがあるので、バサッと羽織るだけでかっこよくキマる反面、スタイリングが難しそうでなかなか手が出しにくいと思ってる方も少なくないはず。

そこで今回はスタイラー編集部が選ぶ、ミニマルなデザインにアップデートされたモッズコート2つをご紹介。ミリタリー感を残しつつ細部のディテールを削った都会的なモッズコートで、おしゃれと防寒を両立してみてはいかがでしょうか。

最小限のデザインで都会的な仕上がりのモッズコート

rm 2017
GROUPIE – MOD’s COAT ¥70,200 (tax inc.)

代々木上原 sunday peopleが提案してくれたのは、『GROUPIE(グルーピー)』のモッズコート。取り外し可能なフードを外せば、スタンドカラーのコートとして使えるため幅広いスタイリングできるのが魅力的。かなりシンプルにデザインされてるので、自分好みのスタイルを残しつつコーディネートに取り入れることができそうですね。

着脱可能なライナーで3シーズン対応のモッズコート

rm 2017
RICEMAN – Mods Coat ¥63,720 (tax inc.)

横浜・仲町台 Euphonicaの井本さんが提案してくれたのは、『RICEMAN(ライスマン)』のモッズコート。定番のモッズコートよりもすっきりとしたシンプルなデザインなので、様々なスタイリングにも取り入れやすいのが嬉しいところ。キルティングのライナーで防寒性抜群、かつ、取り外し可能なので3シーズン使える優れものです。

いかがでしたか?気になるモッズコートがあった方はぜひ担当スタッフに質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

Text.インターンR

MORE FOR YOU

【編集部ラジオ】vol.35│今年の冬はこんなアウター着てました、2021年はトレンドの節目になる?
名前って大事。〈アポテーケフレグランス〉 のインセンスコーン #ととのいま品
【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品
【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました
暖房いらずな〈アークテリクス〉のベスト。#ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選