FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

無地のロンT足りてる?いま買い足したい4着はコレ!

日中はアウターを脱いでいる時間が長い今、意外と人目に付くのが中に着ているロンTです。冬場はついつい後回しにしがちだったアイテムですが、そろそろ充実させておきたい時期。今回はなにかと使いやすい無地のロンTに絞って4着をピックアップ!


白ロンTのマイ定番にしたい


JOURNAL STANDARD / CUT DOWN ロングスリーブTシャツ ¥6,600

まずは“基本のき”である白のロンTからチェック。もっと価格の低いものも巷にあふれていますが、生地やシルエットの基準をしっかりクリアする一着はなかなか見つからないものです。〈ジャーナルスタンダードホームズテッド〉の一着はファッションの系統を問わず使える、ほどよくゆとりのあるシルエットがグッド。生地もしっかりしているので、暖かくなれば一枚でも活躍してくれます。この価格帯としては意外と珍しい日本製というのもポイントです。


アメリカの2大ボディメーカーの一角にショップ別注


FRUIT OF THE LOOM / USAコットン サイドスリットロングスリーブTシャツ
¥5,500

アメカジ好きにはお馴染みのボディメーカーである〈フルーツオブザルーム〉に別注を依頼したのはセレクトショップ「ORANGECOUNTY」。ベージュとグリーンの2色という通好みのカラーセレクトに同ショップのセンスが光ります。左袖に付くフルーツモチーフのワッペンもポイント。アメリカブランドらしいざらっとした生地感は洗い込んで味が出てくるのが楽しみです。


“ロンT”と呼ぶには上品過ぎる一着


EDIFICE / ポンチ ワイド ポケットロングスリーブTシャツ
¥7,480

アメカジ感が強いテイストではなく、もう少しきれいにロンTを着こなしたい方は〈エディフィス〉の一着をチェック。画像でも分かるほどの上品な光沢を放つ生地は大人のカジュアル着にピッタリです。素材はコットン100%なので、化繊の肌触りが苦手という方にもおすすめ。画像のカーキの他に、ネイビー、ベージュ、パープルの4色が揃います。


希少なコットンで仕上げた“ぜいたく”ロンT


UNFIL / ORGANIC COTTON JERSEY LONG SLEEVE POCKET TEE ¥16,500

選び抜かれた上質な素材を、日常使いしやすいデザインに昇華する手腕に定評がある〈アンフィル〉。今回の素材に採用したのは、ウズベキスタンの高地で栽培された“ホワイトキング”と呼ばれる希少なオーガニックコットンです。ぜいたくなコットンを惜しげもなく使って仕上げたのは、至ってシンプルなポケ付きのロンT。リラックス感あるシルエットが生地の上質さを引き立てます。デニムやチノ、軍パンなど幅広いパンツに合わせやすいマホガニーブラウンの色味も◎



MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  3. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  4. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド