FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

上品で都会的な印象を持つネイビーのアイテムをまとめてみました

“都会的”と表現されるものの一つとして挙げられるのが、ネイビーでしょう。色味によっては黒と間違えられたり、黒とネイビーの2択では安心で便利な黒に軍配が上がることも多々あります。

しかし近年、世界的に見ても特異なファッションスタイルで注目を集める東京において、色としてのネイビーが市民権を得始めたような気がします。もともとの語源は海軍=ネイビーから取られただけに、オシャレでベーシックなイメージを彷彿させるようになったのは東京のパワーがあってのことだと思います。この機会に“都会的”という言葉の一端を担うネイビーのアイテムをぜひご参考にしてください。

y-95

F.S.Z DIXURY S/S ¥17,280 → SALE ¥12,096(+tax)

F.S.Zからのテイアンは、ハリのあるコットン地を使用したプルオーバーTシャツ。フォーマルでクリーンな見栄えは落ち着いた雰囲気を醸し出しています。シルエットはオーバーサイズを採用。ネイビーと相まって都会的な印象をさらに加速させます。また、バックの白ラインもネイビーと相性が良く、よりデザインを引き立てます。

y-96

TERRoIR FABRIC SHORT SLEEVE TEE ¥10,584 → SALE ¥7,409(+tax)

TERRoIRがテイアンするのは、FABRIC SHORT SLEEVE TEE。袖部分に高級素材、サマーウールSUPER 100’sを使用し、身頃生地と切り替えています。袖部分のウインドウぺーンチェックは、ネイビーによる異素材の統一感を削がないほどの色味なので、落ち着いた雰囲気を持ちながらも個性を主張することができます。

y-97

AROY original BANDANA T-SHIRTS ¥7,344 → SALE ¥3,672(+tax)

AROYがテイアンするのは、オリジナルバンダナデザインがさりげない1着。ちょっとゆったりめのオリジナルボディ COTTON 100%をバイオウォッシュ加工したことにより、なめらかな感触になっています。また、ブランドネームを後ろ身頃に付けたことによるさりげないアクセントが特徴的です。

y-98

&Sons Garment Co.  botanical pattern cotton half sleeve shirts ¥12,960(+tax)

ABBOT KINNEY JINGUMAEがテイアンするのは、ボタニカル柄の総柄半袖シャツ。すそ両サイドのデニムのワンポイント切り替えにデザイナーによるさりげない遊び心が伺える一枚。ヴィンテージ感のある色味がナチュラルな風合いで、カジュアル、キレイめスタイルにも重宝するベーシックアイテムとしてお使いいただけます。


いかがでしたか?冒頭の通り、ネイビーのアイテムはベーシックでありながら都会感をグッと上げてくれるカラーです。万人にとって取り入れやすい色だと思うので、ぜひ挑戦してみてください。

今回の記事はSTYLERに投稿されたこちらのイライを元に作成しています。記事中のアイテムが気になっている方は是非このイライ(テイアン)からショップにメッセージを送ってみてくださいね!

Text.Shunsuke Mizoguchi

 

MORE FOR YOU

半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選