FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

シンプリシティーとセーフティー「NOCTURNAL WORKSHOP」のバックパック

IMG_90681
NOCTURNAL WORKSHOP / N.3 Backpack ¥48,600(tax.in)

2013年にスタートした「NOCTURNAL WORKSHOP(ノクターナル ワークショップ)」。デザイン、生産はすべてバンクーバーを拠点として行っており、ブランドロゴにはバンクーバーにある3つの山をシルエットに模した一本のラインと、頭文字のNとWを掛け合わせたものを採用している。その切れ目のない綺麗なラインに込められた意味は、フォワードシンキングな姿勢とシンプリシティー。

今回はブランドの代名詞とも言える3Mリフレクターを使用した、N.3 Backpackをご紹介する。

IMG_9085f11

「夜行性」の意味がある<NOCTURNAL>という単語がブランド名に冠せられているだけに、創業当時から一貫して使い続けているリフレクターへのこだわりはとても強い。

ブランド創業のきっかけになったのは、友人の夜間自転車走行中の事故。その必要性を深く痛感し、創業時から現在に至るまで、同ブランドは全てのアイテムにリフレクターを導入しているという。

IMG_9521

そのこだわりは安全面としてだけじゃなく、そのデザインにも現れる。

デザイナーの一人である、Tyler Froeseは元々Arc’teryx(アークテリクス)のデザインも務めたこともある実力の持ち主。<Movement within City Limits>のコンセプトのもと生み出すプロダクトは、ミニマルなデザインとバックパック本来の機能性をうまく融合させ、都会的かつ多目的に様々な日常の動きをサポートしてくれる。

IMG_9389

3Mリフレクターのボディに大胆にブラックレザーを組み合わせた、斬新な配色のセンタージップのバックパックには、YKK#10止水ジッパーやパソコンスリーブなど、現代人にとって必須のものがしっかりと配備されているのも嬉しい。

シンプルシティーを極めたミニマルなデザインにバックパック本来の機能性も融合させた、N.3 Backpack。気になる方は、ぜひ大阪のUNCLESAMまでどうぞ。

UNCLE SAM
大阪市中央区西心斎橋2-11-14 2F
TEL.06-6213-5400 OPEN.11:00 ~ 20:00
FacebookTwitter / Instagram / STYLER

Text.Shunsuke Mizoguchi

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド