FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

メンズのピンキーリング?プロが選んだ3つの指輪。

「個人的、あまりに個人的」なものとしての印象が強い指輪。空前のスニーカーブームがアイデンティティーを示すファッションアイテムとして牽引している現在、その人のモノという印象をより強めてくれるのが指輪だ。結婚指輪を代表して、付ける指の位置の違い、さらにはそれに対して込める意味も個々人で異なってくる。ブームがないに等しいのもそのためで、確固として、アイテムとしての特異な位置を築いているからではないだろうか。

そんなニーチェのパロディーにより引用された「個人的」な指輪の中から、今回は“ピンキーリング”を取り上げたい。右手、左手の小指に付けることによって、「チャンス」「秘密」「自己表現力」などの意味があるピンキーリング。目下でもスニーカーブームに拮抗しうるアイデンティティーなアイテムとして、密かにそしてファッショナブルに楽しんでいただきたい。それでは、STYLER上のショップからテイアンされた3選をご参考にどうぞ。

medium
Pieces Montees pinky ring ¥8000~

Dearからのテイアンは、『Pieces Montees (ピエスモンテ)』のピンキーリング。ロサンゼルスにて多くのハリウッドセレブに愛され、テレビや雑誌に取り上げられるほどのレストランを30年以上経営していた経歴を持つデザイナーのブランドだ。そこで培われたデザイナーの感性で、古いモノと古いモノを足して新たなモノを一つの形として創り出している。

素材には長年ロサンゼルスにいたデザイナーだからこそ入手することができる、希少価値が高いアンティークパーツをふんだんに使用。アンティークフォークやスプーンなどをベースにしたデザインは、シェフらしさが際立つ、他には類を見ないアイテムとなっている。

medium-1
Iroquois × Garden of Eden × SYNAPSE LIMITED PAISLEY PINKY RING ¥7,560 (tax inc.)

Synapse natifからのテイアンは、商品名に豪華ネームが連なるピンキーリング。先見性をもった服を展開する『 Iroquoi (イロコイ)』、ファッションにおけるアクセサリーの重要性を提示する『Garden of Eden (ガーデンオブエデン)』に製作を依頼し実現した同店別注のリングだ。

素材には真鍮を採用し、Iroquoisらしいエスニック調のオリジナルペイズリー柄を全面に施し、立体感、高級感ある仕上がりとなっている。あえていぶしをかけずに、光沢感をそのままに仕上げる事でモダンな印象をプラス。また背面にカットを入れることで微調節が可能になり、デザインはそのままにユニセックスに使用できるアイテムとなっている。

medium-2
USED pinky ring ¥45,360 (tax inc.)

[Milok]からのテイアンは、1860年代~1880年代のアンティークのピンキーリング。[Milok]デザイナー自身が約20年前に世界各国から収集した貴重な一点モノで、バングル部分は同氏がリメイクを施したものとなっている。

デザインは、1910年代~1920年代のベイビーリングからインスピレーションを受けたもの。細いリングに適した硬さのあるK10のピンクゴールドの素材は、時を経て次世代へ受け継がれていくものとしてのアンティークらしさを規定している。50年近く経って島田氏にリデザインされたことにより素材と共にこれからも残っていく継続性がこのアイテムの魅力だ。


指輪は、自分の指に合うサイズはもちろん、肌の色や持っている雰囲気で似合う似合わないがかなり左右される。せっかくのアクセサリーなのだから、長年使い続けていくために実際にショップに行って見て触って店員さんにオススメしてもらおう。きっと愛着の持てる「個人的」なパートナーが見つかるはずだ。

各ショップからのテイアンはこちらのイライを元に作成しているので、ぜひご参考に。

Text.Shunsuke Mizoguchi

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド