FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【7月】給料日の買い物メモ

「給料日だからパーッと…!」なんて言葉も最近はあまり耳にしなくなりましたが、自分の買い物メモをじっくり検討してみるのには絶好のタイミング。日々FACY上で入荷してくるアイテムのチェックに余念がない編集部は今月何を狙ってる?


岩崎
猛暑日が続いた6月より少しだけ気温は落ち着いたけど、湿度がとにかく高い…! 毎日Tシャツにショーツ、首から手ぬぐいという古き良きフェススタイルでお出かけしております。

杉山
僕はショーツに合わせる用の長袖シャツを今月3枚も買ってしまいました…。Tシャツにショーツだけだと落ち着かないタイプなので、毎日長袖シャツは必ず羽織ってます。当然暑さは増すんですが、もう諦めてます(笑)

溝口
キャップがデフォルトの自分としても、もうメッシュ素材じゃないときっつい(笑)。FACYにもいくつか狙い目がありましたが、今回はそれより気になるアイテムをピックアップ! 今、試着してみたい服NO.1です。では今月も給料日の買い物メモをどうぞ。


BENRUS×JOURNAL STANDARDの腕時計

1921年創業のアメリカの腕時計ブランド〈ベンラス〉。ベトナム戦争時、米軍の要請を受けて開発したダイバーズウォッチの完成度の高さで知られるブランド。今回のジャーナルスタンダード別注ではオールブラックに統一し、秒針のみ赤にアレンジ。腕時計としては比較的手頃な値段も◎  (BENRUS / JOURNAL STANDARD 別注 TYPE-II 35,200)

「これいいなー」と思って先日の記事でも取り上げた〈ベンラス〉の腕時計。もうひと通り夏物を揃えた感があるので、今気になるのはこういう小物類ですね。見るからにメンズっぽい腕時計だけど、ゴツすぎないのが好み。あえてブランドロゴを省いてるのも渋いんです。

ジャーナルスタンダード別注はブラックの他にシルバーもあるみたいですね。ムーブメントは機械式ではなくクォーツ(スイス製)ですが、週2〜3回アクセ感覚で使うならぶっちゃけクォーツの方が楽だと思います。

腕時計とは無縁な生活を送っていますが、映画好きとしては見逃せない“ベトナム戦争”を背景にしていると聞いてグンと距離が縮まりました。デザインも特にブランドブランドしてるわけではないし、取っつきやすい。今週末は久しぶりに『地獄の黙示録』でも観るか。

紹介したアイテムはこちら


CCPのベスト

CCPの名作「ニンジャパーカー」をベースにしたルーズフルフェイスベスト。バラクラバにも似た独創的なフードもさることながら、ベンチレーション機能も果たす背裏のシークレットポケットなどCCPらしいギミックが満載。つまり、最高! 生地には4wayストレッチの撥水素材を使用(CCP/ルーズフルフェイスベスト¥27,500)

00’sな気分の今、フード付きのベストが気になってます。たしか自分も中学生の頃、ギャップのワンショルダーバッグとよく合わせてましたっけ。昔から好きなんですよねぇ…、この手の好みが分かれる服って。CCPの物はフードが変態的な作り込みで、亜種のバラクラバとしても楽しめそう(それも上質な)。今時期はショーツに、秋冬はインナーとしてコーディネートを盛り上げてくれそうです。

ウィメンズでは2020年以降“Y2K”がトレンドを席巻していますが、メンズではあまりKWとして使われていないような。まあ、メンズもどっちみち00’sなムードなので細かい話なんですが……。00’s以降はアイテムにもデザインが加わってくるので、今までと違う楽しみ方ができそうですよね。腕をためされるようでもありますが(笑)

ルックスもさることながら、CCPは着てみて良さを実感できるブランドですよね。今の時期なら、Tシャツ&ショーツの組み合わせの味変アイテムとしても良さそう。秋口はロンTやスウェットでしょうか。いずれにせよ、自宅の鏡の前で延々と組み合わせをシュミレーションしてしまいそうです(笑)

紹介したアイテムはこちら


NEAL’S YARD REMEDIESの日焼け止め

日本の気候や環境に合わせて開発されたボディ用のUVプロテクション(日焼け止め)。肌にやさしい厳選した素材を用いており、1歳の子どもから使えるそう。また、石鹸で簡単に洗い流せるというのもポイント。紫外線A波のカット値であるPAは最大値のPA++++(NEAL’S YARD REMEDIES  / ナチュラルUVプロテクションミルク ¥3,850)

今年こそ日焼け止めを使わねばと思っていたけど時既に遅し…。だらだらと何を買うかと迷っている間にがっつり日焼けしていました。とはいえ、夏本番はこれから。まだまだ肌の日焼けレベルが上がっていくことを考えると、いま使い始めても意味はあるはず! このニールズヤードの日焼け止めは伸びるから楽に塗れて、せっけんで簡単に落とせるのが良いみたいです。

さすがメンズ編集部の美容担当(笑)。「日焼けはしないほうがいい」という美的感覚が正直あまりピンときていません。ただ、やっぱり夏はうっすらと肌が黒くなるので、やっぱり気にしたほうがいいんでしょうかね…?

自分も特に気にしていないのですが、日焼けした肌にパステルカラーのTシャツは合わせないようにしています。これは個人的なことかもしれませんが、途端にサーフテイストになってしまって、ダメなんです(笑)。その意味で、どんな肌の色でも中庸をとってくれる白Tってやっぱりいいなぁと。あ、でも日焼け対策したらそんなことも気にしなくていいのか。

紹介したアイテムはこちら

MORE FOR YOU

ヴィンテージウォッチ好きが注目HIROB監修のセイコー(SEIKO)限定モデル
2022年冬のおすすめニットを一挙ご紹介!インバーアランxオーラリーxマルジェラxイノウエブラザーズxベター
2022年冬のおすすめ革靴を一挙ご紹介!ヒロシツボウチxエンダースキーマxパラブーツxシセxサービスシューズ
2022年冬のおすすめコートを一挙ご紹介!コモリxナナミカxポータークラシックxCCP
2022年冬のおすすめフードパーカーを一挙ご紹介!ノースフェイスxミーンズワイルxループウィラーxスティルバイハンドxチャンピオン
確かな技術力と最高品質の羊毛!スマホと相性抜群の指なし手袋はどちらを選ぶ?ザ・ノースフェイスパープルレーベル(THE NORTH FACE PURPLE LABEL)&ブラックシープ(BLACK SHEEP)

RANKING

  1. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 老舗から新定番まで。おすすめの「ニット」ブランド10選。
  4. ヴィンテージウォッチ好きが注目HIROB監修のセイコー(SEIKO)限定モデル
  5. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選