FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

大人に評判のロンT。〈STILL BY HAND〉の一枚がオススメな理由とは?

いま売れているロンTをチェック

めっきり涼しくなってきました。夏に着慣れた半袖のTシャツからスムーズに移行するとしたら、やっぱりロンT。ただ、ロンTってイマイチ選び方が確立されていない気がするのは、筆者だけでしょうか?

そこで、今回は、実際にFACYで売れているロンTを一枚ピックアップ。ズバリ、その一枚とは〈STILL BY HAND〉です。ロンTに限らず、FACYでもファンが多い同ブランド。“売れっ子ロンT”の魅力に迫ってみますので、ぜひご一読を。

“絶妙な色味と上品な素材使い”、だけじゃない

今年の夏に猛威を振るったのは、無地の白T。筆者としても、“もはや制服?”のような頻度で白Tばっかり着ていたものです。ただ、季節が秋に移るなら少し趣向も変えたいところ。秋冬感のある色といえば、ブラウンやベージュ、オリーブといった“アースカラー”に注目したい。

〈STILL BY HAND〉の一枚は、ややブラウンがかった、深みのあるベージュカラーが季節感たっぷり。そのシックな色味を支える素材使いもポイントです。ハリと光沢感を併せ持つポンチ素材は、毛羽感も少なくクリーンな印象。ただのロンTの枠に収まらない上品な一枚です。

 

遊び心あふれる大きめポケットも◎

とはいえ、上品さだけにフォーカスしない懐の深さこそが〈STILL BY HAND〉の魅力。左身頃に配置した大きなポケットは、同ブランドらしい遊び心のあらわれです。一枚で着た際の見た目のアクセントとしてもいい。

実際の着用画像がこちらです。他カラーのブリック(=煉瓦色)も秋口に着たくなる絶妙な色味。前述のポケットも、あくまでさりげないワンポイントとして、全体のデザインに馴染んでいます。やや肩が落ちたシルエットもやりすぎ感はなく、あくまでスパイス程度。

上品さだけでなく、アイテムのどこかに“抜け感”のようなものがあるのが〈STILL BY HAND〉の特徴なのかと。惹きつけられるファンが多いのも納得です。この秋のロンT選びに迷っている方は、ぜひ一度同ブランドの一枚をお試しあれ。

サイズ選びや在庫状況など気になる点があれば、ぜひ提案してくれた「EHS」のスタッフ氏までお気軽にメッセージをどうぞ。もちろん、通販、店頭受け取りを選択してそのまま購入してもOK。お店の人とコミュニケーションを取りながら、買い物を楽しんでください!

MORE FOR YOU

今穿きたい短パンはコーデュロイ! おすすめは〈オーシャンパシフィック〉の一本です。
【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品
センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!

RANKING

  1. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  2. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  5. 【6月】編集部がよく“キテた”服。