FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

低価格で高品質なミリタリー物の「バックパック」が眠りから覚めたようです

ミリタリー物はお財布に優しい

通年使える=いつ買ってもおかしくない=いま買わなくてもいい「バックパック」。それだから、買う時はだいたい受動的。あちらの方からやってきて、「あ、これかっこいい」がスタート地点。ですが、往々にしてその価格に尻込みしてしまうのが常。

そんななか、FACYをクルージングしていて「あ、かっこいい」と見つけたのがコチラ。高円寺Lampaに入荷した、NATO軍で開発されたバックパックです。なにやら、アウトドアブランド〈Karrimor〉の倉庫で眠っていたテストサンプルなのだとか。

注目したいのが、いま見ても違和感のないデザイン。2000年初頭以降に生産されたため、ミリタリー物なのに洗練されています。特徴的なサイドのポケットは、モバイルバッテリーを繋ぎながら歩行、なんて“モダン”な使い方が想像できます。

さて、いつもバックパック選びを頓挫させる価格ですが、なんと税込み19,224円…! ミルスペックをクリアした品質でこの値段。さすがはミリタリー物。「ありがたい」の一言です。

「そろそろバックパック買い替え時だったっけかな…」なんて理由をつけ始めた方は、下記から詳細を。

Lampa

住所:東京都杉並区高円寺南4-8-1
営業:13:30〜19:30(不定休)

MORE FOR YOU

スウェット上下はカラー選びが大事。今欲しいのは〈スポーティアンドリッチ〉のセットアップ
アメリカの古着屋って最近どんな感じ? #編集部のラジオ
大人のミリタリーウォッチ。どっちの別注を選ぶ?
EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
初買いのニット帽は〈イノウエブラザーズ〉のリブハットでした。 #ととのいま品
ヘビーデューティーで再注目。「シエラデザインズ」のマウンテンパーカーが着たい!

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選