FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【先週のベストキックス】 〈Reproduction of found〉のジャーマントレーナー 〜vol.5〜

FACYで先週もっとも売れた一足を紹介する「先週のベストキックス」。第5回目となる今回は〈Reproduction of found〉の「ジャーマントレーナー 1759L」です。



名作ジャーマントレーナーにプラスアルファ?

ジャーマントレーナーといえば、ミリタリー出自ならではの機能美が結実したデザインで、時代を経ても古びることがないモデル。言わば、ベタなんだけど、陳腐化しないのが人気の秘密です。

ただ、ことスニーカー選びにおいては「シンプルだけど、ベタじゃない」ことを求める人も少なくはありません。あえて補足するなら、ベタにはベタの良さがあるのは承知の上で、ちょっとひと味違う一足が欲しいというのが正確なところか。

今回FACYユーザーが支持した一足は、もうひとさじギミックが効いた、現代版ジャーマントレーナーです。

 

単なる“復刻”以上のジャーマントレーナー

そもそも、ジャーマントレーナーとは、1970〜80年代くらいまでドイツ軍のトレーニング用として使用されていたモデル。つまり、現代では本来のミリタリーとしての用途では生産されていません。

〈Reproduction of found〉がユニークなのは、復刻としてのリアリティと現代的なアレンジとのバランス感覚。実際に当時ミリタリートレーニングシューズを手がけていた工場での生産にこだわる一方、必要であれば素材使いの変更も辞さないのが、同ブランドの特徴です。

 

レザーもソールも現代的にアップデート

アッパーに用いた素材は、本来は使用されていない上質なイタリア産のレザー。寄った際の表情にも高級感が漂います。オリジナルとの整合性のみに捉われないナイスアレンジ。いつものデニムだけでなく、ちょっと上品なスラックスなんかにも合わせたくなります。

さらにソールも大胆に変更。採用したのは、現在のドイツ軍で実際に使用されているボリューム感のあるソールです。滑りづらく、耐久性も高い。アップデートされたレザーの表情と相まって、スニーカーというより、どこかレザーブーツのような趣きもあります。

これからの季節を考えても、コーディネートが重たくなる秋冬は、このくらいのボリューム感が足元にあってもいいのかと。いわば“新”ジャーマントレーナーとも呼べそうな一足をぜひお見逃しなく。

MORE FOR YOU

大人向けのベアT。モチーフは、プレッピーなアイツです。
ちょっと珍しい、ポロ ラルフローレンのマドラスチェック柄キャップ #ととのいま品
夏のTシャツ傑作選│チャンピオン、グッドウェア、ループウィラーetc…
2021年上半期よく行ったお店 #編集部のラジオ
ジャーナルスタンダードのラガーT、コーヘンのタイダイニットT【編集部のベストヒットフェイシー #04】
このタッグは最強でしょ。〈シュプリーム〉×〈ブルックスブラザーズ〉のバケットハット #地味シュプ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  3. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選