FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

定番「champion」のスウェットにちょい足し?JS別注のリバースウィーブが気分です


なんだかんだでChampionが好き。

ベタで構わない。街中でブランドが被ろうが気にならない。そう思えるブランドはあまり多くないものですが、間違いなく〈Champion〉はそのうちのひとつ。そんな同ブランドの代名詞であるリバースウィーブのスウェットに、いまの気分を“ちょい足し”したのは「JOURNAL STANDARD」。いまの気分っていったい何よって、つまりこういうことです。

 

モックネックでちょっぴり“イナタく”

ベーシックな無地ながら、ちょっと目を引くポイントになっているのは、モックネックの仕様になった首元。普通のクルーネックには出せない“イナタさ”が何ともいい雰囲気です。胸元のロゴは主張し過ぎず、あえてボディと同色で仕上げているというのもニクい。

もちろん、生地はお馴染みのリバースウィーブ。従来は縦に使っていた生地を横向きに使用することで、縦縮みを軽減します。洗濯による型崩れが起こりにくいのも嬉しいところ。

 

古着ライクな“懐かさ”が新しい

色違いをスタッフが着用してくれた画像がコチラです。深めのグリーンが古着でもありそうなナイスなカラー。90’s風味のゆるいシルエットは、今のトレンドとの親和性も高い。モックネックにもわざとらしさはなく、あくまでほどよいポイント程度。

パープルのみラグランの袖部分をホワイトで切り替えた2トーンのカラーリングです。ガラッと雰囲気が変わりますね。単色ではモノ足りない方には、見逃せないカラーかと。実は、さりげなくサイドポケットも配備しているので、ちょっとしたアウター感覚でも使える一着ですよ。

気になる方はJOURNAL STANDARDへお問い合わせを。FACYを使えばサイズの相談もメッセージで可能ですよ。

 

JOURNAL STANDARD 福岡店

ADDRESS:福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ 2F
OPEN:10:00~20:30

MORE FOR YOU

汗ジミ防止、接触冷感…今夏のマストバイTシャツ3枚。
色で差をつける短パン×ソックススタイル。おすすめの6足をチョイス。
全員NBを履いている歯医者さん #編集部のラジオ
今穿きたい短パンはコーデュロイ! おすすめは〈オーシャンパシフィック〉の一本です。
【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品

RANKING

  1. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  2. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. 知らなきゃ損!ハイクオリティな「国産デニム」ブランド5選
  5. あのお店のプレイリスト|仲町台Euphonica vol.4「素晴らしきインドネシアンポップスの世界2」