FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

定番「champion」のスウェットにちょい足し?JS別注のリバースウィーブが気分です


なんだかんだでChampionが好き。

ベタで構わない。街中でブランドが被ろうが気にならない。そう思えるブランドはあまり多くないものですが、間違いなく〈Champion〉はそのうちのひとつ。そんな同ブランドの代名詞であるリバースウィーブのスウェットに、いまの気分を“ちょい足し”したのは「JOURNAL STANDARD」。いまの気分っていったい何よって、つまりこういうことです。

 

モックネックでちょっぴり“イナタく”

ベーシックな無地ながら、ちょっと目を引くポイントになっているのは、モックネックの仕様になった首元。普通のクルーネックには出せない“イナタさ”が何ともいい雰囲気です。胸元のロゴは主張し過ぎず、あえてボディと同色で仕上げているというのもニクい。

もちろん、生地はお馴染みのリバースウィーブ。従来は縦に使っていた生地を横向きに使用することで、縦縮みを軽減します。洗濯による型崩れが起こりにくいのも嬉しいところ。

 

古着ライクな“懐かさ”が新しい

色違いをスタッフが着用してくれた画像がコチラです。深めのグリーンが古着でもありそうなナイスなカラー。90’s風味のゆるいシルエットは、今のトレンドとの親和性も高い。モックネックにもわざとらしさはなく、あくまでほどよいポイント程度。

パープルのみラグランの袖部分をホワイトで切り替えた2トーンのカラーリングです。ガラッと雰囲気が変わりますね。単色ではモノ足りない方には、見逃せないカラーかと。実は、さりげなくサイドポケットも配備しているので、ちょっとしたアウター感覚でも使える一着ですよ。

気になる方はJOURNAL STANDARDへお問い合わせを。FACYを使えばサイズの相談もメッセージで可能ですよ。

 

JOURNAL STANDARD 福岡店

ADDRESS:福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ 2F
OPEN:10:00~20:30

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド