FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

秋冬こそ「ベスト」が使える! 編集部が選ぶオススメ4品

秋冬こそベストがベスト

秋から冬にかけての時期に困るのが、日中の寒暖差。朝は肌寒いけど、着込んで出かけると昼間が暑い。電車の中も、暖房が効いた車内がちょっと混み出すと、途端に汗ばんでしまったり。

そんな時に便利なのが、適度な暖かさがありつつ、動きやすさも確保されるベスト。筆者的にも好きなアイテムで、中綿入りのタイプから、ウール、ダウンのものまで3種類を使い分けています。そんなベストの魅力をもっと知ってもらうべく、今回はFACY上で個人的に気になった4品をピックアップしてみました。

ダウンが苦手な方にも◎

normal_98593943-1

DESCENTE ddd – Heatnavi Puff Down Vest ¥35,200(税込)

ダウン特有のボリューム感が苦手な方にもおすすめできるのは〈DESCENTE ddd〉のダウンベスト。キルトが表に出てこない外観がスタイリッシュな一品です。

実は保温性を確保しているのは、ダウンだけにあらず。デサント独自の発熱保温素材HEAT NAVIを裏地に使うことによって、ボリューム感を抑えつつ、しっかり暖かい。サイドのスナップボタンを開け閉めして、シルエット調整ができるのも◎

“上品になり過ぎない”のがいい

STILL BY HAND – シンサレートジップベスト ¥24,200(税込)

普段落ち着いた雰囲気のコーディネートを好む方であれば、〈STILL BY HAND〉の一品も見逃せません。ポリエステル100%でありながら、高密度に織り上げることによって化学繊維とは思えない自然な風合いを実現。

ほのかにワーク感を残しつつ、野暮ったさを感じさせない上品なデザインもポイント高し。このバランス感覚のデザイン、他で探すと結構見つかりません。一枚で着るだけでなく、冬場はコートのミッドレイヤーとしても重宝しそう。

人気のフリースものは“ちょっと捻った”一品を

weac – FREE VEST ¥19,250(税込)

今期、特に目にする機会が多い素材といえば、フリース。トレンド素材を取り入れつつ、さりげなく個性を出すなら〈weac〉のフリースベストがいい感じ。

90sのアウトドア的な雰囲気をベースにしながらも、ジップ使いでちょっと変化を付けました。ちなみに、ジップは古着でたまに見かける「WALDES」製というのもグッときます。他カラーのベージュ×グリーンもいいので、ぜひチェックを。

「ベストといえばコレ」の定番

normal_98593943-1

POST OVERALLS – Royal Traveler / Nylon taffeta ¥47,300(税込)

アメリカのヴィンテージをベースにする服作りにこだわり続ける〈POST OVERALLS〉。同ブランドを代表する名品といえば「Royal Traveler」。紹介している筆者自身が10年くらいずっと欲しいやつです。

素材に採用されたのはナイロンタフタ。高機能中綿素材のシンサレートハイロフトを挟み込むことによって、保温性も申し分なし。ちなみに、モデル名の“トラベラー”の名に違わず、収納量はとにかく圧巻。「実際どのくらい入るの?」なんて疑問もぜひショップスタッフまでお気軽にメッセージを。

今年は暖冬との予報も出てるので、例年より活躍期間も長いかも。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで