FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

やっぱり〈Champion〉が好き。秋冬も活躍必至のトップス5選

やっぱり〈Champion〉いいよね

スウェットといえば、やっぱり〈Champion〉を連想する方は多いはず。最近はショップ別注も多く、選択肢もグッと増えてきました。

別注ものに絞って紹介した過去の記事もぜひご覧いただきたいところですが、今回は特にベーシックなアイテムを中心に改めてご紹介。パーカーやロンTは、冬場のコーディネートの土台にもなるアイテムだけに充実させておきましょう。

あえて“軽め”に仕上げました

Champion(チャンピオン)-USA 9oz P/O HOODED SWEATSHIRT ¥12,980(税込)

〈Champion〉の代名詞リバースウィーブ。抗えない魅力があるのは前提の上で、ひとつだけ難を言うなら、単純に少しばかり重い。こちらは従来よりやや軽めの9オンスのテリーフリース(赤タグのリバースウィーブは12.5オンス)。ちなみに、生産はアメリカ製です。

決してスペックダウンではなく、“ヘビー”とはまた別の価値を目指した一着ということでしょう。先日アップしたスナップにて、同店のショップスタッフも着用してくれましたが、実物かなりいい感じでしたよ。

“海外企画のリバースウィーブ”が今っぽい


normal_98593943-1

CHAMPION-S1049 REVERSE WEAVE 12OZ. CREW ¥7,700(税込)

とはいえ、「やっぱりヘビーなリバースウィーブも気になる」という方にはこちら。日本企画にはない、海外限定モデルならではのボリュームあるシルエットも楽しめる一着です。

身幅、脇周りは大きめですが、着丈はやや短め。オーバーサイズ感を演出できる形はまさにトレンドど真ん中。個人的に気になっているのはクルーネックですが、もちろんパーカーもご用意ありです。

直球のプリントものも見逃せない


normal_98593943-1

Champion-Reverse weave P/O HOODED ¥18,700(税込)

普段は無地を選ぶことが多いという方も、たまにはプリントものが恋しくなったりするものです。このくらい直球のプリントもアメリカっぽくてグッド。

採用したボディはいわゆる「赤単タグ」と呼ばれるタイプ。アメリカ製らしいヘビーな生地は、着ごたえのある12.5オンスです。着込んでいって味が出てくるのも楽しみです。

別注ならではのロゴのアレンジが◎


normal_98593943-1

CHAMPION-ロングスリーブシャツ ¥6,600(税込)

秋冬といえど、ロンT選びにも気は抜けません。室内でアウターを脱いだ際などは、意外と見られていたりするものです。通常はワンポイントで終わる胸元のロゴを、あえて主張強めの2連ロゴにアレンジ。

シンボルロゴがちょっと大きめというのも今っぽい。適度にコシのあるヘビーウェイトの生地ゆえ、ガンガン着回せそうです。秋冬のコーディネートのベースとしてどうぞ。

“ロンTでフード付き”もよくない?


normal_98593943-1

Champion-ロングスリーブTシャツ ¥7,150(税込)

個人的に今ちょっと気になっているのは、フードが付いたタイプのロンT。でも探すとなかなかないんですよね。そんな矢先に見つけたのがこちら。

フードと身頃部分で色を分けたツートーンのカラーリングもセンスよし。こんなニッチ(?)なアイテムをしっかりリリースしているのも同ブランドの魅力かと。筆者と同好の士はぜひチェックを。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド