FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

やっぱり欲しい、ロング丈コート。各ショップが薦める名品って?

コート選びもいよいよ佳境

いよいよ季節は秋から冬へ。コートの購入は見送っていたけど、あわてて検討し始めたという方も少なくないのでは?

今、コートを選ぶなら注目したいのはロング丈。腰部分を覆うことで、短丈のブルゾンより防寒性が上がるだけでなく、ばさっと羽織るだけでコーディネートが完結する点も魅力です。

冬のコーディネートの主役を担うロングコート。各ショップスタッフのおすすめは?

抜け感のある大人のミリタリーコート


normal_98593943-1

スティルバイハンド-ボンディングコート ¥57,200(税込)

大人っぽいけど、堅苦しくない。そんなアイテム作りに定評があるブランドと言えば〈スティルバイハンド〉。今回のコートも例外ではありません。

ヴィンテージのミリタリーコートのような、ブラウンにカーキが混ざったカラーリングが絶妙。肩幅と身幅をやや大きめに取ることで、どこかゆるい雰囲気も併せ持っているのがいい。スタッフも「毎年人気のシリーズ」と語る注目の一着です。

定番のキルティングも“ロング丈”が新鮮


normal_98593943-1

トラディショナルウェザーウェア-MALET ¥53,900(税込)

冬場のアウターの選択肢として、定着した感のあるキルティングジャケット。今選ぶなら腰丈ではなく、ロング丈のタイプにも注目したい。こちらの表地はウールなのでスポーティ過ぎず、シックな印象です。

フード付きのデザインとも相まって、オフでも使いやすい。ちなみに、同ブランドは英国の伝統的なコートメーカーとして知られる〈マッキントッシュ〉のディリーウェアライン。より本場感にこだわるなら、見逃せない一着です。

デッドストックより使いやすいかも


normal_98593943-1

ワイルドシングス-MONSTER PARKA ¥41,800(税込)

ダウン感覚で羽織れる、ロング丈アウターの最右翼としては、モンスターパーカーがおすすめです。デッドストックで探すと、なかなか見つからない上に、仮にあったとしてもサイズが大き過ぎるのがネック。

こちらは、実際に軍への納入実績もある〈ワイルドシングス〉がタウンユース向けに落とし込んだ一着です。サイズ感もほどよく使いやすいのがグッド。他カラーのブラック、ベージュもいい感じなので、お好みをどうぞ。

雪山には行かない?〈テアトラ〉の看板アウター


normal_98593943-1

テアトラ-SOUVENIR HUNTER-EVA ¥132,000(税込)

「とにかく街中で快適に使いたい」。その声に応えるべく、振り切ったベクトルでの服作りを追求する〈テアトラ〉。とにかく軽量性を優先して、防水・撥水に関わる仕様は排除したという潔い一着です。

提案スタッフ曰く、「圧倒的な軽い着心地は一度着ると病みつき」とのこと。南極観測隊にも使われるZANTER社製の高スペックダウンを採用しつつも、あえて“雪山へ行けないダウン”と謳う点もユニークです。

FACYでは、アイテムを提案してくれたショップスタッフに質問したり、通販、店頭受け取りを選択して購入することが可能です。お店の人とコミュニケーションを取りながら買い物を楽しんでくださいね!

MORE FOR YOU

ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足
毎日の気分を上げるSTEADYのメガネ #FACYでコレ買いました

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで