FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

このダウンは「買い」です。街で被らないけど実力派な一着

実力主義に立ってみる

信頼できる機能性=有名ブランド、という図式が即座に成り立ちますが、それでは街で被ることしばしば。せっかくの一張羅、「それ、どこで見つけてきたの?」と羨望されるダウンで冬を楽しみたいところ。

筆頭に上がるのが、質実剛健なアイテムを展開する〈Stammbaum(シュタンバウム)〉です。あまり聞き慣れない名前ですが、特に業界人に愛用者が多い。表に出ない、玄人気質なモノづくりが魅力です。

Stammbaum-3b-Ds ¥68,200(税込)

そんなブランドが手掛けたのが、こちらのダウン。いわゆる“大人なダウン”と呼ばれるものは多くありますが、別の仕方で結実させたのが面白いんです。

大きく荷担しているのが、表の生地。光沢のないフルダル糸を高密度に織り、さながら高級ブランドのよう。取扱店スタッフは、「バーバリーのコートのような高級感」と形容します。

デザインはよく見かけるスポーティなダウンですが、そのミックス感が実に都会的。シンプルなので、活躍するフィールドが広いのも着回し力が問われるダウンとしての魅力でしょう。

洗濯表記のラベルが見えないよう配慮。芸の細かさもファンを惹き付けるポイント。

別色のベージュはまさに「バーバリーのコートのような高級感」。いつ見ても良い色です。

冬を乗り越える機能性も十分備えています。中には、街使いするには十分な730フィルパワーのホワイトグースダウンを封入。さらに一流ハイブランドのダウンも手掛ける実力派の工場で縫製していたりと、生産背景も漏れなく“大人”。

と、ここまでつらつらと〈Stammbaum〉の持つ魅力を書いてきましたが、なんだかんだこのルックスが一番惹かれます。ただそれは細かいことの積み重ね。「神は細部に宿る」です。気になる方はLampaへお問い合わせを。展開するブラックとベージュ、大いに悩む価値アリです。

 

Lampa
住所:東京都杉並区高円寺南4丁目8-1

MORE FOR YOU

地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足
キャップも夏仕様にチェンジ。〈ノア〉のサイドメッシュキャップ #ととのいま品
ビルケンシュトックのチューリッヒ、チャンピオンのTシャツ(80’s)etc.|今週末の買い物メモ#05

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選