FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

濡れない、滑らない。ファッション的にも”すべらない”スニーカー

年末年始に備えて

来たる年末の足元はお決まりでしょうか。「年末のためにわざわざ…」なんて声もありますが、これなら買う価値はあるかなと。

それが、〈Salomon〉のX ULTRA 3 GTX。ファッションとしての足元を探している人が次に選ぶ、注目の一足です。もとはトレイルランニング用のシューズで、とにかく高機能。

例えば、こちら。堂々たるブランドロゴ上にひっそりと鎮座する「GORE -TEX」の文字。防水性もあり、透湿性もばっちり。雨だけでなく雪も心配される冬だからこそ欲しい機能です。

もちろん雪が積もっても安心です。トレイル系のシューズだけに、強力なグリップ力を備えるソールをオン。ヒール部分の特殊なパターンが確実に地面を捉え、安定性のある歩行をアシストしてくれます。

年末の大イベント、忘年会にも漏れなく対応。ホールド感を高めるクイックシューレース(Quicklace™)は、例えば座敷に座るタイプの居酒屋を出る時、他の人に遅れることなく店を後にすることが可能に。おぼつかない手付きで紐を締める必要もありません。

実は個人的にも所持しているこちらの一足。様々な機能が集約したデザインは、見方によってはモード、または洗練されていない(失礼!)。その危うさが魅力だったりします。

とはいえ、先駆者が「ファッション的にあり」という文脈を作ってくれているので、今となってはその障壁は低いかと。雪が降ってもすべらない、ファッションとしてもすべらない一足、来たる年末に備えてみてはいかがでしょうか。お問い合わせはEDIFICE スクランブルスクエア店まで。

 

EDIFICE スクランブルスクエア店
住所:東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 7階

MORE FOR YOU

暖かい季節は手元にセイコー(SEIKO)を
春も梅雨も活躍するクラークス(CLARKS)
日常に取り入れられるメゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)
春にも着られるショット(SCHOTT)のレザージャケット
街でも使えるBARBOUR(バブアー)4選
アーバンアウトドアはプラスフェニックス(+PHENIX)で始める

RANKING

  1. 肌が透けません。一枚でサマになる厚手の白Tシャツ10枚。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. 今年っぽいポロシャツって何? スタッフに選ばれた「ハーフジップ」2枚
  5. 定番から玄人好みの白Tシャツブランド11選