FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

気分に合わせて楽しみたい!マフラー・ストールの巻き方。

冬のファッションを楽しむのに欠かせない小物アイテム。
昨日のブログでもいくつかご紹介しましたが、本日はマフラーの巻き方について!

巻き物の種類もたくさんありますが、巻き方もたくさんございます。
その日の気分やコーディネイト、楽しみ方は自由ですのでご参考に是非~!

~ワンループ巻き~

一番ベターな巻き方がこれかと思います。
簡単かつシンプルで、さまざまなコーディネイトに合わせやすい大定番の巻き方。

①長さを均等に半分に折りたたみます。
②その状態で首にかけます。

③輪になっている部分に反対側のマフラーを通します。
④あとは形やバランスを整えれば完成。

~ラウンド巻き(1周巻き)~

こちらも定番かつ簡単でシンプルな巻き方。
さまざまなアレンジ巻き方もこの巻き方をベースにしていることが多いです。

①左右で長さを変えて首にかけます。
②長い方のマフラーを首に巻き付けます。

③首に巻き付けたときに左右の長さが均一になっている方が綺麗です。
④あとは形とバランスを整えれば完成。

~ニューヨーク巻き~

簡単なのに、ちょっぴりエレガントな印象に。
スーツやジャケットスタイルに合わせたい巻き方ですね。

①左右で長さを変えて首にかけます。
②長い方のマフラーを首に巻き付けます。

③マフラーの左右を交差させ、結びます。
④お好みで首元に少し隙間を作り、形とバランスを整えれば完成。

~ピッティ巻き(ミラノ巻き)~

個人的にもよくしている巻き方のひとつ。難しそうに見えて、コツさえ掴めば意外と簡単!
防寒性に優れ、ちょっと洒落てるやんってなるのでオススメです!

①先程と同じく、まずは基本となるラウンド巻き。
②マフラーの輪っかの内側から少し引き出します。

③輪っかの内側、引き出し部分にもう片方を通します。
④あとは形とバランスを整えれば完成です。

~バック巻き~

女性が巻いている印象の巻き方ですが、首元をスッキリ見してくれます。
短めのマフラーから大判のストールまで扱いやすいさも人気の理由。

①こちらもまずは基本となるラウンド巻き。
②マフラーの両端を交差させて結びます。

③結び終えたら、そのまま結び目を後ろに回します。
④あとは形とバランスを整えれば完成です。

 

いかがでしたでしょうか。
いつもの巻き方にプラス、ひとつふたつ知っていると気分やコーディネイトに応じて楽しんで頂けること間違いなしです!
マフラーの巻き方はじめ、ちょっとしたコーディネイトのご相談もZABOUにお任せあれ。

それでは引き続き冬小物を取り入れたコーディネイトをお楽しみくださいませ!

元記事を読む

ZABOU TOKYO
住所:東京都渋谷区神南1丁目5番2号 川村ビル2階

MORE FOR YOU

アメカジがキテる?今アメリカのスタンダードが求められている件について #編集部のラジオ
ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ
夏でも履けるドクターマーチン?あのスイコックとのコラボモデルが販売中。#JOURANAL STANDARD
早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選
NIKEのCROSS TAINERが気になる! #編集部のラジオ
編集部がGWにやりたい3つのこと。

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで