FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

人気の別注〈バラクータ〉。今年はブラックで来航です。

人気コンビが再タッグ

〈バラクータ〉の「G9」といえば、スティーブ・マックイーンや高倉健が愛用していたことでも知られる名アウター。すでに完成されたプロダクトゆえ、手を加えるのはある意味“野暮”。

ただ、本質の魅力を損なわない最小限のアレンジで功を奏しているのがエディフィス別注です。昨シーズンの端正なネイビーカラーも人気を博しましたが、今年はまた少し雰囲気が違うようで。

 

モードな雰囲気漂うブラック

ベージュカラーの印象が強い「G9」ですが、今回のエデイフィス別注はブラックカラーでのリリース。どことなくモードな雰囲気が漂います。形は、G9を発表した50年代当時のオーセンティックフィットではなく、身幅やアームホールを適度に絞ったレギュラーフィットを採用。

 

見せつけたくなる裏地です

元々はレッドのタータンチェック柄の裏地ですが、エディフィス別注は大胆にストライプ柄に変更。これだけで、がらっと都会的な印象に変わります。ビジカジ用のアウターとしての使用も視野に入りそう。

勘のいい方なら、お気づきでしょうか。裏地は3種類の異なるストライプ柄を組み合わせた“クレイジーパネル”と呼ばれる仕様。風になびいてちらりと裏地が見えても様になります。というか、むしろ大いに見せつけたくなる。

 

“バラクータなのにモノトーン”が新鮮

提案してくれたエディフィス京都店のスタッフさんの実際の着用画像がこちら。ブラック基調でまとめたコーディネートがクールですね。足元にはホワイトのジャーマントレーナーをチョイスしているのも技ありです。

わざと裏地を見せる、遊び心あふれるスタイリングも披露してくれました。リバーシブルではないのですが、ちゃんと成立しているのがおもしろい。

トラッドに合わせるばかりが〈バラクータ〉の魅力ではないようです。従来のG9に食指が動かなかった方は、モダンなほうをぜひお試しあれ。

 

EDIFICE 京都店
住所:京都府京都市下京区四条通高倉西入立売西町63-1 大城戸ビルディング1
営業時間:11:00-20:00

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド