FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

一枚で勝負できる「ロンT」5着。

一枚で勝負できるやつ

暖かくなってきたので、そろそろインナーもニットやスウェットではなく、ロンTへ移行していきたい頃合い。そんな中、大事なのは“一枚でキマる”ということ。室内ではロンT一枚でちょうどいい日も多いですから。今回は、存在感のあるロンTを5着ピックアップ。

 

ハイセンスっぷりをアピるなら

normal_98593943-1

Delicious ¥7,150(JOURNAL STANDARD 福岡店)

フォトプリントは、チョイスにセンスが現れるもの。ダサいとは言われない、“センスがいい”ものが欲しいところです。〈デリシャス〉はまさにその筆頭。3人の気鋭なフォトグラファーを起用し、ネオンをテーマとした4種類のフォトプリントを用意。中には有名スケートチームで撮影するフォトグラファーもおり、かなり注目度高め。ロゴプリントものを子供っぽく感じてしまう方にもオススメです。

まずはこのくらいから始めましょ

normal_98593943-1

CAL O LINE ¥12,100(JOURNAL STANDARD 福岡店)

今年外せないのがタイダイ柄。昨年から注目されはじめ、いよいよ今年の春夏には火がつきそう。とはいえ、やっぱりどれも主張が強いものばかり…。さりげなく取り入れるなら〈キャルオーライン〉の一枚がおすすめ。タイダイ染めが施されているのは腕部分のみなので、まだ抵抗がある方はこの辺りから始めるのが良いかと。

一着で二度おいしい

normal_98593943-1

HIDE AND SEEK ¥8,800(SOWLD)

一枚で二度おいしい〈ハイドアンドシーク〉の一着。主張が強いバックプリントですが、フロントは左胸に小さなロゴが鎮座するのみ。一見クセがありますが、この感じ、ハマる方にはハマりますよね。緩めのサイズ感でキャップや太めのチノあたりに合わせれば、間違いなくかっこいいはず。男は背中で語るべし、です。

企業(?)ロゴも要注目

normal_98593943-1

NASA×FREAK’S STORE ¥4,994(FREAK’S STORE 渋谷店 MEN)

ストリートでたまに見かけるのが企業もののロゴT。古着などでよく出回っていて、ファッション感度の高い人が好んで着ているような。こちらはあのNASAと〈フリークスストア〉がコラボした一枚。フロントにはNASAのロゴ、バックにはアポロ計画のワッペンをプリント。世の中にはいろいろなロゴがありますが、NASAって結構究極ですよね。

MORE FOR YOU

ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで