FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

軍パンの次はアウターです。気になるデッドストックのアイテム集めました

軍パンの次はアウターが欲しくなる。

先日の軍パン特集はご覧になりましたか? 今シーズンは軍パンがアツいわけですが、ボトムスが盛り上がれば対となるトップスも必然的に…ということで各ショップ、ミリタリーアウターも続々と入荷している様子です。

そこで今回はとっつきやすいヤツから通好みのヤツまで、デッドストックのミリタリーアウターを集めてみました!

 

1.アメリカ軍のBDUジャケット(BLACK 357)

normal_98593943-1

U.S.ARMY / BDU SHIRT “BLACK 357” ¥10,780(HUNKY DORY NAGOYA)

アメリカ軍のBDU ジャケット「BLACK 357」は、1997年の1年間のみしか製造されていないレアモデル。特殊部隊「SWAT」や仮想敵部隊「OPFOR」で採用されていた実物のデッドストックです。比較的に新しい年代のアイテムですが、製造期間の短さも相まって探している人も多いアイテムかと。サラッとした薄手のコットン×ナイロン素材で春の羽織りものとしても最適です。

2.イタリア軍のワークジャケット

normal_98593943-1

イタリア軍 / ワークジャケット ¥13,200(ROL)

ユーロミリタリーらしいブルーカラーが魅力的なイタリア軍のワークジャケット(年代不明)。ちょうどいい厚みのコットンツイル生地で、表面はザラッとしていますが裏面は起毛していてなめらか。ゆったりとしたシルエットも今っぽくて良いです。

3.イタリア軍のワークコート

normal_98593943-1

イタリア軍 / セキリティーワークコート ¥8,690(ORANGECOUNTY 熊本並木坂店)

同じくイタリア軍から、ワークコート。1992年製のデッドストックで、カラーは深みのあるダークネイビー。生地も同じくコットンツイルで、ワークジャケットをそのままコートにしたようなアイテムです。近代ミリタリーということでプライスも控えめ。

4.イギリス軍のグリーンデニムジャケット

normal_98593943-1

BRITISH ARMY / 50’S GREEN DENIM JACKET ¥36,300(ROL)

通称グリーンデニムを贅沢に使った、イギリス軍のバトルドレスジャケット(1950年代の大戦後期、胸ポケットのプリーツ無しモデル)。襟元のフックやチェンジボタン、ウエストベルトなど細かいディテールが男心をくすぐる雰囲気抜群のアイテムです。レアなアイテムなので、今後はさらに値上がりしそうな予感…。

5.チェコ軍のワークジャケット

normal_98593943-1

チェコ軍 / マオカラーワークジャケット ¥9,790(ORANGECOUNTY 熊本並木坂店)

1950年代〜1960年代にチェコ軍で採用されていたマオカラーのワークジャケット。マオカラーのマオとは毛沢東のことで、中国の人民服のようなスタンドカラーのことをそう呼ぶのだとか。デザインはシンプルですが、チェコ軍おなじみのブラウンカラーがこれまた良いんですよね。

※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の状況を踏まえ、一部店舗で臨時休業が行われています。それに伴い、FACYでは一時的に臨時休業店舗を非掲載にしております。一部店舗へのリンク等が機能しない場合がございますのでご注意ください。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】チェコ軍のカモ柄フィールドコートなら周りとはかぶりません。
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド