FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「肌寒いときにさらっと羽織れるアウター」5月のファッションお悩み相談室〜VOL.1〜

5月のファッションのお悩み相談室

外出自粛の生活にも慣れてきた一方、気持ちの面では“自粛疲れ”も出てくる頃。着飾るファッションは不要不急かもしれませんが、気持ちを上向きにするためのファッションならば、今こそ出番があるのかも。

今回のテーマは「春の少し肌寒いときにさらっと羽織れるアウターはありませんか? (20代男性)」。


Q.「春の少し肌寒いときにさらっと羽織れるアウターはありませんか?」

A.ゆとりあるシルエットで、ジャケット感覚で羽織れるシャツがおすすめ。

ROL

ミリタリーシャツの様な大振りのポケットが印象的な一着です。小ぶりなスナップボタンにすることで野暮ったさもありません。年間通しても非常に使い勝手の良い生地感で、一度袖を通せば後戻りできなくなりますよ。


編集部おすぎの一言

大きめのフロントポケットや風合いのある生地感だけでなく、個人的に注目したいのはボタンの仕様。普通のものより開閉が楽なスナップボタンの採用は、よりアウターとして着て欲しいほしいというデザイン側のメッセージでもあるのかなと。

その視点で眺めてみると、スポーツの要素を排除したコーチジャケットの一種にも見えてきます。室内での羽織りものとしてだけではなく、散歩や買い出し時の軽アウターとしても確かに出番が多くなりそうな一着です。

MORE FOR YOU

冬から春にかけてのビルケンシュトック(BIRKENSTOCK)の使い方
水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を
スニーカーの次に選ばれるクラークス(CLARKS)
デニム好きが今年から穿き込みたいアーペーセー(A.P.C)
スニーカー好きが今年履き下ろしたいコンバースオールスター(CONVERSE ALLSTAR)

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 水沢ダウンの最高峰デサントオルテラインマウンテニア(DESCENTE ALLTERRAIN MOUNTAINEER)
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. スマートウォッチに飽きたらセイコー(SEIKO)を