FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「個人的には新境地。今夏は白×白コーデにトライします」〜 at home wear VOL.15 〜(編集部おすぎ) 〜

そろそろテレワークに慣れてきた(飽きてきた)編集部。愛用品を紹介するのもちょっぴりマンネリ気味ということで、今回は編集部おすぎのスナップをお届け!


6月4日 / 志木市 / 31℃ / 晴れ


Tシャツ(ALSTYLE)、パンツ(WIM NEELS×DRESSTERIOR)、シューズ(Chaco)、ソックス(ANONYMOUSISM)、帽子(BETON CIRE)、バッグ(MISSION WORKSHOP)

 

見慣れないだけと信じてます

現在、編集部全員でハマっている〈アルスタイル〉の白の無地T。他メンバーのゆうやおしゅんの着こなしも別途チェックしていただくとして、今回は自分も白Tチャレンジに参戦。最近はトップス・パンツともに白で統一するスタイルが無性に気になっています。試しに家の近所で挑戦してみました。

少し昔ならタブーっぽい気がする合わせ方だけに、自分でも見慣れないし、若干気恥ずかしい。ただ、気分的にはすこぶる新鮮です。普段はコーディネートにちくりとケチをつけてくるカメラマン(テレワーク継続中の妹)からの突っ込みも特になかったので、大丈夫と思うことにしよう。


アントワープ発のデザイナーにしては、普段使いしやすいシンプルなアイテムが多く、好きなブランドである〈ウィムニールス〉。ワークパンツのようなダブルニー仕様に惹かれて数年前に購入。こんな感じのアイボリーもいいけど、もっとがっつり“真っ白”なパンツも欲しい。


個人的にはスポサンなら〈テバ〉より〈チャコ〉派。履き心地、デザインとも完璧に近いのですが、脱ぎ履きが面倒なのがまあまあネック。さらに夏場もなんだかんだスニーカーを履いてしまうので、実は使用頻度は低かったり。今年はどうかな…


撮影後にコインランドリーに行こうと思い、手持ちのバッグの中で一番容量が多い〈ミッションワークショップ〉のリュックに洗濯物を詰めて。電車の中などではやや持て余すサイズ感だけど、こういう時は便利。

ひと口に白×白コーデと言っても、「上下のアイテムの色味やサイズ感で印象は結構変わるな」というのが今回の感想でした。

先日のコチラの記事でも触れましたが、個人的にはひとまずパンツは太いほうがいかなと。2本目の白パンツはもっとダボっとしたパンツにする予定。どこのやつがいいかな。

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介