FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年こそサングラス!夏前に揃えたいおすすめ5選。

今年こそグラサン買いたい

毎年買う時期を逃してしまいがちなサングラス。夏も半ばを過ぎると「今さら買ってもな…」という気がしてしまうものです。つまり、どうせ買うなら早いほうがいいに決まっている。今年こそ、本格的な夏がはじまる前に手に入れておきましょう!

さくっと手に入れるならコレ

normal_98593943-1

IZIPIZI ¥6,930(HUNKY DORY OSAKA)

ひとまず手頃な値段で手に入れるなら、〈イジピジ〉がおすすめです。セレクトショップでの取り扱いが目下急増中のフランス発のアイウェアブランド。遊び心のあるべっ甲フレームもこの値段ならトライしやすいはず。フェルト製の専用ケースもなんか洒落ていて、そそられます。このブランド名、覚えておいたほうがよさそうですよ。

“あのひと”が使っているアレ
normal_98593943-1

TART OPTICAL ARNEL ¥41,800(PROPS)

「愛着を持って長く使い続けられるやつがいい」という方なら、〈タートオプティカルアーネル〉はどうでしょう。ブランド名を聞き慣れないという方も、あのジョニーデップが愛用しているやつと聞けばピンとくるはず。海外のメーカーはかけ心地が不安だったりもしますが、ノーズパッドは日本人向けに改良。さらにサイズ展開も4サイズあるので、自分に合った一本が見つかるはず。

ストリート風味がお好みなら


A.D.S.R. ¥18,700(BORN FREE MEGA STORE)

〈エーディーエスアール〉は、音楽をテーマにした自由な感性のデザインが魅力の新進アイウェアブランドです。クラシカルなボストンタイプの形ですが、ブリッジがメタルだったり、テンプルの端をチタンで切り替えていたりするディテールがかっこいい。アセテートの発色にもこだわりがあるブランドです。比較的値段も手頃なので、サングラスビギナーにもおすすめ。

ブラックカラーなら間違いなし

normal_98593943-1

OLIVER PEOPLES ¥38,720(EDIFICE スクランブルスクエア店)

LAの高級アイウェアブランドといえば〈オリバーピープルズ〉。攻めたデザインのモデルも多い同ブランドですが、長く使うならシンプルなデザインのボストンタイプ、そしてブラックカラーの一品が良さそうです。真ん中のブリッジ部分だけちょっとゴツ目の作りになっているのがささやかなアクセント。艶感があるブラックではなく、ちょっとマットなブラックなのがまたいいんです。

パッと見でわかるクオリティ

normal_98593943-1

VONN ¥34,100(税込)

セルフレームではなく、メタルフレームのほうが好みなら〈ヴォン〉の一本をチェック。パーツは全てチタンで仕上げているので、通常のインポートサングラスの半分以下の軽さなんだとか。「素人目でもぱっと見で質の良さがわかる」と提案スタッフは語ります。他ブランドであれば、ややハードルが高いゴールドカラーですが、色味が上品なので取り入れやすそう。

MORE FOR YOU

2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足
【SHOP BLOG】ネクストハブアグッドデイ?〈アボンタージ〉のカットソーが入荷です!

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド