FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

【編集部ブログ】夏のニットキャップ事情。遂にマイ定番が見つかったかも?

どうも、編集部ゆうやです。

愛用品企画でも書いたように外に出る時は四六時中ニットキャップをかぶっているのですが、さすがに7月になり〈crepuscule〉の肉厚なヤツでは暑くなってきました。そろそろ夏用&ベーシックな色のニットキャップが欲しいなと思い、〈COLUMBIA KNIT〉のショートビーニーを白黒で購入。

オレゴン州の老舗ファクトリーブランド〈COLUMBIA KNIT〉はラガーシャツも有名。

ロングタイプは持っていたけど、ショートタイプは初挑戦。旧式の編み機で編まれているらしく、かぶり心地は柔らか。あと素材は“ちょい肉厚”です。クレプの肉厚度を10だとすると、7くらいかな。肉厚だけどかぶっても暑すぎない、という絶妙なライン…!

“MADE IN USA”。

プライスは2,500〜3,000円くらい(お店で変わります)でサクッと買えるのも良し。夏のニットキャップはなかなか定番を見つけられてなかったけど、遂に見つかったかも? とりあえず、定番にすべく夏は毎日これかぶっておきます(笑)。

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介