FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「念願のデビューを果たしました」COMES AND GOESのキャップ〜編集部の愛用品VOL.31(編集部おすぎ)〜

久しぶりに更新します、編集部の愛用品。昨日のyuyaのAF1に続いて、vol.31はおすぎがお届け。今回はあのハットブランドの一品です。


物欲が宙ぶらりん

Tシャツはもういらないけど、秋冬物にはまだ手が出しにくい。行き場を失ったマイ物欲レーダーが反応したのは、前々から気になっていたハットブランドのキャップです。一万超えでしたが、店頭では即決でした。

 

浅めの形でも被り心地抜群

ハット専業ブランド〈カムズアンドゴーズ〉のコーデュロイキャップ。先週末にWISM新宿店で購入

作りはやや浅めながら、被った時にはきちんとフィット。深い作りのキャップが頭にフィットしやすいのは当然ですが、浅いタイプにも関わらず被り心地がいいのはちょっと感動でした。デフォルトのツバの曲がり具合も完璧。

 

“天ボタン”なしが意外といい

意外とキャップでは見かけないチャコールグレーという渋いカラーも決め手のひとつ。キャップのスポーティーさを保ちつつ、どこか上品な印象があります。通常キャップの頭頂部に付く“天ボタン”と呼ばれるパーツをあえて省いている点も一役買っているのかもしれません。

 

バックスタイルも抜かりなし

キャップ好きとしては気になるのが、バックのアジャスター部分のディテール。シートベルトに使わるような、タフかつ光沢感のあるストラップがかっこいい。そして、余ったストラップは左のキャップ内部に収納可能。ストラップがたらーんと垂れてしまわないので、後ろ姿もスッキリです。

 

帽子ブランドの一手間

前々から〈カムズアンドゴーズ〉のキャップを見るたびにいいなと思っていたのは、実は内側の作り。カジュアルなキャップというアイテムにも関わらず、内張りの生地をわざわざあしらっている一手間にグッときます。洒落たストライプ生地は脱いだ時もテンションを上げてくれそう。

ということで、筆者と同じく宙ぶらりんの物欲を抱えている方は、ぜひ同ブランドの秋冬のルックを見て、欲しい帽子のイメージを膨らませてみてはいかがでしょうか。今回のコーデュロイキャップが気になる方はWISMのHPもチェックしてみてくださいね。

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足
【SHOP BLOG】本物のアメリカンウェア。トレイズマンのペインターパンツが好評です!
スニーカーの雰囲気は突然に #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド