FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

「なんでも合う」がむしろ迷わせる。黒のワイドパンツに合うトップスはこちらで解決。

高い汎用性を持つカラーの黒と、楽でオシャレに見せてくれるワイドパンツの組み合わせは最強説。しかし、女性に一度は言われたであろう「なんでもいい」という返答に困惑するのと同じく、黒のワイドパンツはなんでも合うからトップスに何を持ってこようか迷ってしまいます。

そこで今回もPostをもとに、黒のワイドパンツに合うトップスをご紹介。ショップスタッフが紹介してくれたものにハズレはないです。ぜひ、ご覧ください。

90’s復刻、2ndモデルのデットストック

ss00516

紹介したスタッフ
SEPTIS タイガ

ヴィンテージ・デニムファンならば唆られるであろう『LEVI’S(リーバイス)』のデニムジャケット。数々のモデルがリリースされていますが、やはり落ち着くところは2ndモデル。完成度の高さ、バランスのとれたデザインは今もなお人気である理由の1つ。これを着て、ヴィンテージについて熱く語っても、かっこいいから着る、でもなんでも良いんです。

ゆったりシルエットでリラックス感ある一着

ss00517

紹介したスタッフ
LICLE

Tシャツ一枚では無邪気さがでてしまうから大人の雰囲気を醸し出したい、という方は『tim.(ティム)』のドルマンスリーブシャツ。ワイドパンツにはそれに呼応するかの如く身幅が大きく設定されたワイドシルエットを合わせるのが良し。同ブランドの拘り感じる生地、左腰部に配されたフラップポケットは他とは一線を画すもの。春先はインナーとしても活躍してくれるでしょう。

春らしい色味と癖になるレイヤードスタイル

ss00518

紹介したスタッフ
JOURNAL STANDARD 渋谷店 志村隼

春らしさを欲するのなら『JOUNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)』のロングカットソー。7分丈スウェットと9分丈のカットソーをドッキングさせた一着。レイヤードスタイルが苦手な方でも、これを着てしまえば意図せずともキマってしまう優れもの。花見に着ていったら、おいしいキャラを授かりそう。

大胆に充てられたプリントが魅力のMA-1

ss00519

紹介したスタッフ
LILY kosuke kato

馴染みのあるシルエットだけど、大胆なプリントが魅力的な『TALKING ABOUT THE ABSTRACTION(トーキングアバウトジアブストラクション)』のプリントMA-1。前面にプリントされたのは、日本を代表する写真家・森山大道の作品。ドロップショルダーで肩肘張らずな着心地。インナーはタートルネックカットソーを仕込んだら、締まりそうです。

いかがでしたか?トップスに何をもってこようとも順応してくれ、着回しにも効く、黒のワイドパンツ。それだけに、トップスは球数が多いほど良しです。

本記事で気になる黒のワイドパンツに合うトップスがあった方はぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。また他のアイテムで欲しいものがあったらアプリからショップスタッフの提案を聞いてみてください。

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド