FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

今年も来るのかストリート?押さえておきたい、大人も羽織れる黒のコーチジャケットまとめ。

羽織れば一変にしてストリートな装いに様変わりするコーチジャケット。昨年流行したスタイルとして名を挙げたオールブラックコーデで一役買ってくれたアイテムということあり、今年も押さえておくのがベターかと。

そこで、今回もPostをもとに、ショップスタッフがオススメする、黒のコーチジャケットをご紹介。昨年同様のオールブラックコーデもいいですが、その一択では物足りない。ジーンズや軍パンなどと合わせて大人っぽく仕上げるのが乙かと。では、ご覧ください。

ダブルネームが生む、至高のハーモニー

ss00520

紹介したスタッフ
SEPTIS タイガ

老舗メーカーと名店がコラボした、『FELCO×SEPTIS(フェルコ×セプティズ)』のナイロンコーチジャケット。パンツにカーキ色を持ってきても難なくハマるデザインがGOOD。老舗メーカーならではのディテールもさることながら、長年培われたセプティズテイストが相まりこれ以上ない逸品に。コーチジャケット敬遠者も袖を通したならば、スタメンへの一途を辿ることでしょう。

昨年賑やかした某ブランドテイストがなにやら匂う

ss00522

紹介したスタッフ
アQ

昨年スタートした東京ブランド、『RPLC(レプリカ)』のコーチジャケット。昨年大いにファッションシーンを賑わした某ブランドも踏襲する、古き良きストリートの定番である袖のデザインが“レプリカ”な一着。ドロップショルダーで今っぽくも、太めのアームホールで昔っぽく、全体を通して過去と現在を行き来するような印象を受けます。潔くTシャツの上にアウターとして羽織るスタイルが、この一着を生かしてくれそうです。

ほどよく抑えられたストリート感

ss00523

紹介したスタッフ
JOURNAL STANDARD 渋谷店 志村隼

若者志向のコーチジャケットを大人仕様にモディファイした、『Champion×JOUNAL STANDARD(チャンピオン×ジャーナルスタンダード)』のスナップジャケット。バックロゴがすでに物語るように、ストリート感ムンムンのコーチジャケットをジャーナルスタンダードが別注。襟・袖口に配されたボーダーリブがストリート特有のオフェンシブな印象を柔らかくしているので、気負いなく大人の方も着れるのではないでしょうか。

いかがでしたか?バックにドカンと大きくプリントされたコーチジャケットが大半の中、こういったストリートすぎない佇まいがスタイリングに取り入れやすいですよね。

本記事で気になるコーチジャケットがあった方は、ぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね。また他のアイテムで欲しいものがあったらアプリからショップスタッフの提案を聞いてみてください。

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】極寒冷地にも対応する〈RRL〉の極暖アウターはいかが?
ハードボイルドにウイスキーを楽しむ!スタンレーのマスターフラスコ #ととのいま品
【SHOP BLOG】国産ならではの完成度。ジャックマンの定番スウェットとパーカーが入荷しました
暖房いらずな〈アークテリクス〉のベスト。#ととのいま品
【SHOP BLOG】フレッドペリーの定番ドンキージャケットが届きました!
今週末に編集部が読んでほしい記事【1/9~1/15】

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  4. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  5. メンズの「マフラー」は、どこが正解?ハズさない選び方、おすすめブランド9選