FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

若者志向→大人志向へ。春はショート丈アウターに身を委ねてみませんか?

若者志向としての印象が強いショート丈アウターですが、もし大人志向の落ち着きある雰囲気のモノがあるならば、手を出してみたいという人もいるのでは?今回はPostをもとに、ショップスタッフがオススメする大人に相応しいショート丈アウターをご紹介。落ち着きあるロング丈を好む大人男性もきっと魅かれる、拘りが詰まったハイクオリティーなアイテムたちです。ぜひ、ご覧ください。

定番の素材、拘りの新型

02211824_58ac073c07422

紹介したスタッフ
LEN Sho Yamamoto

ベーシックな佇まいながらも、確かなモノづくりに定評ある『THE RERACS(ザリラクス)』のコーチジャケット。素材はコーチジャケット定番のナイロンポリで、シルエット、型等を一新したのがこちらの一着。定番と言いつつもヴィンテージフィニッシュした滑らかなピーチスキンを使い、柔らかな風合いと防水・撥水性も備えた仕上がりに。落ちた肩、ワイドな身幅も今っぽく、大人も羽織れるコーチジャケットとはまさにこれといわんばかりの逸品です。

背中で語れり、配色切替

ss00608

紹介したスタッフ
アンルート 銀座店 HIRONOSUKE HORI

コーチジャケット=ナイロンを崩し、素材にコットンを迎えた『EN ROUTE(アンルート)』のコーチジャケット。ハリのある表情と堅牢さが特徴的なコットンタイプライター生地を使用することで、ストリート感が抑えられ、大人志向の一着に。それでいてバックには配色切替。カッコいい男は背中で語るという言葉の如く、背中でお洒落を見せつけてやってください。

店主さんも太鼓判を押す一着

ss00609

紹介したスタッフ
Lampa 遠山

昨シーズンスタートの新進気鋭ブランド、『Wislom(ウィズロム)』のRams。随所に同ブランドのこだわりが見て取れる、非の打ち所がない一品です。一目で「いいモノ」を着てると感じさせる生地感やシルエット、漂う雰囲気は大人にこそ着てほしいもの。下記リンクから店主・遠山さんのアイテムに対する思いの丈が見れるので、是非ともご一読を。

春の平日は決まってロングコートになるであろうの殿方の皆さん、休日はショート丈でお洒落を楽しんでみてはいかがでしょうか?本記事で気になるショート丈アウターがあった方はぜひショップにコンタクトを取ってみてくださいね!

MORE FOR YOU

もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足
毎日の気分を上げるSTEADYのメガネ #FACYでコレ買いました
マイ定番白ソックスを更新。#ととのいま品
絶妙にアレンジの効いたカットソー5着。かぶりそうで、かぶりません。
アメカジがキテる?今アメリカのスタンダードが求められている件について #編集部のラジオ
ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで