FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

いま最も求める声が多いセットアップにリラックス感を添えた4点をご紹介。

弊社アプリ内では飛ぶ鳥を落とす勢いで求める声が多発しているセットアップ。そのうち街行く人みんながセットアップで巷を歩くのでは?なんて思う次第です。それぞれ単体で使えるし、上下で着たら勝手にサマになるしで、活躍の機会が多いのは自明のこと。

ということで今回もPostをもとに、ショップスタッフがオススメするセットアップをご紹介。共通言語は“リラックス感”、加えて春夏仕様の変わり種から定番まで幅広く揃いました。一見の価値あり。では、どうぞ。

軽い素材感、リラックス感ある着心地

ss00610

紹介したスタッフ
LICLE

こちらは全身で春夏気分を味わえる、『tim.(ティム)』のポロシャツとボトムという変わり種のセットアップ。高級素材であるシルクとキュプラを使用することで、真夏にも着れる薄さと上品な光沢、軽さを演出。また袖口、裾の切りっぱなし加工やボトムのイージー仕様等、細部への拘りは素材さながら調子よし。夏にセットアップを着ているだけで粋ですが、こちらを着ていたらmore粋ですよ。

尽くされたディテールとカジュアル

ss00611

紹介したスタッフ
ブルーナボイン東京 – STAFF 佐藤

変形的なセットアップが苦手な方にオススメするのは、『BRU NA BOINNE(ブルーナボイン)』のブロラハンシャークシャツ&ビッグダニーシャークパンツ。レイヤードスタイルに活きるシンプルな見た目とカジュアルな雰囲気を色付けするディテールのGAPが乙なこちら。写真では伝わらない拘りの1つである生地感は店頭で味わうべしです。

一味違う、独特なセットアップ

ss0061

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

裏切らない定番のセットアップ、『URU(ウル)』のスタンドカラージャケット&タックワイドパンツ。同ブランドらしい独特なパターンワークによって作られたジャケットとパンツは、ワイドシルエットでありながら、野暮ったくならない、いい塩梅のテンションが至高。インナー、足元の変化でフォーマルにもカジュアルにも振れる代物です。クローゼットに仕込んでおいたら心強いと思います。

大人、余裕、渋い

ss00603

紹介したスタッフ
orlo

大人の余裕を感じさせる『cleaveland(クリーブランド)』のセットアップ。適度なワイドシルエットのシャツジャケットとパンツの組み合わせは、リラックス感がありつつも、渋くキマってくれます。コンセプトに挙げられた“自由なスーツ”、身も心も解放されそうです。

どのアイテムもリラックスして着用できるもののため、普段着としても十分に活躍してくれますよ。カジュアルシーンではスニーカーを履いてみたり、キャップを被ってみたりしてフォーマルシーンの時とは一変したスタイリングを楽しんでみてください。気になるセットアップがあった方は、ぜひ担当スタッフの方に質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてください!

MORE FOR YOU

ナイキのナイロンショーツ、ペンデルトンのブランケットetc.|今週末の買い物メモ#01
ハイプ過ぎない「地味Sup(地味なシュプリーム)」のススメ #編集部のラジオ
アウトドアでも使いたい、見た目グッドな街アイテム5選。
2着目のジャージもやっぱり〈アディダス〉でした。 #ととのいま品
ヴァンズ派?コンバース派?定番ローテクスニーカーの買い替えリスト
もっと早く欲しかった!GORE−TEXのジャックパーセル #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで