FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

レイヤードスタイルの要!この時期活躍する、ロング丈のインナーまとめ。

ヘビーアウターの存在感に任せていれば、それなりのスタイリングになっていた冬ももう終わり。だんだんと軽装になっていくこの季節、ライトアウターをどう活かすかで、センスのあるなしが問われます。ライトアウターとインナーの丈感で遊びつつ、まとまった印象に仕上げられたら相当センスある人に映るのでは。そこで今回もショップスタッフが提案する、ロング丈のインナーをまとめてみました。夏には一枚で雰囲気出るものたちなので、ぜひともご覧くださいませ。

名作×名店の意欲作

normal_4b6f7d42

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

ノリに乗り続けているからこそ凄みを感じるブランド、『NEEDLES(ニードルズ)』の名作 1B CARDIGAN SHIRTに、先月3周年を迎えた五本木の名店 LINKSが生地の別注をかけた、どう見てもかっこよすぎる一着。説明するのも野暮なので、ぜひ店頭で実物を見てください。シビれます。

汎用性抜群のビッグシャツ

normal_40fefd68

紹介したスタッフ
ALuvous 谷川正則

独特のカッティングやパターンワークで着実にファンを増やしている『ETHOSENS(エトセンス)』のビッグシャツ。一枚で着てももちろん良し、かなりの長さなので、シャツコート感覚で着てもハマるアイテムです。コットンレーヨンの生地は、着る人の身体に合ったドレープを生み、柔和な面持ちが春にぴったり。

とにかくリラックスして着れるプルオーバーシャツ

112646137_o5

紹介したスタッフ
LICLE

『MASTER&CO(マスター&コー)』のWASHABLE BIG SHIRTSは、洗いのかかったコットンリネン地ですこぶる着心地の良い仕上がりに。グランパシャツのように大きめに作られているので、インナーとして使った時はアウターとのボリュームのバランスが面白いことになります。この下にカットソーを挟んでも、サイドスリットから見せることができるので面白そう。

頭一つ抜ける白ビッグT

normal_ddbafb2c

紹介したスタッフ
シップス渋谷店 秋元 亮介

HERMESにてテーラリングを学んだデザイナーが送る『QBISM(キュビズム)』に、SHIPS JET BLUEが型から別注をかけた渾身の白T。シルエットがとにかく流麗で、どんなボトムと合わせてもキマる気しかしません。今年の夏も白Tトレンドは継続しそうなので、これは早めに押さえておいた方が吉。

アウターと違い、バリエーションを求められるのがインナー選び。正直どれを買っても後悔しないような並びなので、この4つを買っておけば今シーズンは無敵かと。詳細等さらに詳しく知りたいインナーについては、ぜひショップの方にメッセージで聞いてみてくださいね。

MORE FOR YOU

半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選