FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

女性もユージュアリーなオーバーサイズの羽織りもの、一挙公開。

IMG_0533-682x1024

女性もメンズアイテムを着る時代になったのか、とつくづく実感したのが、“メンズで、春に着れるオーバーサイズの羽織もの探してます。”という女性のPost。そこに集まったのはもちろんメンズアイテムということで、姉妹メディアROBEに先駆けてこちらでご紹介します。春感じる淡いトーンのピンクのアイテムからミリタリーアイテムまで、種々様々揃ってます。 是非、ご覧ください。

そそられるミリタリーと高いデザイン性

ss00623

紹介したスタッフ
Panio 山田 真一

個人的にアイテム名だけで一杯いけそうな、「70年代イタリア軍スノーパーカー」のデッドストック。Panioの山田さんがリデザインしたというこちらの一着。ポイントは下記リンク先で確認してもらうとして、やはり、ミリタリー特有の土臭さを緩和させたこの色味が良いんですよね。それでいてフロントはデザインの軸となるチャイナシャツのような仕様と、一枚で決めたい春アウターとして申し分ない一着となっています。

前面に押し出さないミリタリーテイスト

1_000000001112

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

一癖あるデザインがクセになる、『CLASS(クラス)』のカバーオールジャケット。ミリタリーアイテムを着想源に持っていながら、ミリタリー感を前面に押し出さないデザイン性の高さにうっとり。ショート丈とアームホールのワイド感の掛け合わせはそう拝見しないシルエットです。一癖、というワードに惹かれた方は問答無用で着用すべし。提案してくれた酒井さんが実際に着てくれているので着こなしの参考にどうぞ。

春筆頭の色と風合い

ss00624

紹介したスタッフ
LICLE

花見に着ていきたい、『crepuscule(クレープスキュール)』のカーディガン。花見に限らず、詰まったクルーネックともフレンドになってしまうこちらの一着は、同ブランドらしいゆったりとしたサイズ感がリラックスできる着心地を創出している逸品。秋冬自然とダークトーンをセレクトしていた方も、春はこのぐらい明るい色をチョイスして桜とご対面しましょう。

魅惑のデッドストック

ss00625

紹介したスタッフ
LILY kosuke kato

最初のアイテムに引き続きミリタリーアイテム、U.S.ARMYジャングルファーティグジャケットのデッドストック。古着としてチラホラ見るも、中々デッドストックとしては巡り合えないこちら。特徴的な斜めに配された胸ポケットやボリューム感はミリタリーならではの仕様で、もちろん機能面も抜かりなし。デニムと合わせてとことん男らしく決めてください。

レイヤードを一層楽しませるカーディガン

ss00626

紹介したスタッフ
TERRoIR BUYER

ニットとしての感覚を忘れない、『Dulcamara(ドゥルカマラ)』の天竺ガウン。定番モデルとして展開されているこちらは、ガウンよりロングカーディガンとしてのテイストが強い一着。ノーカラーのスッキリした首元にストンと落ちたシルエットが魅力的。この素材感、春の羽織りものとして重宝すること間違いなし。いや、秋冬でもインナーとして一役買ってくれそうです。

柄アイテムを引き立たせる立役者

ss00628

紹介したスタッフ
sunday people

柄を引き立たせるシンプルな佇まい、『GROUPIE(グルーピー)』のガウンコート。同ブランドのアイテムというと、柄物や要所要所にエッジの効いたディテールを施しているアイテムを多く拝見しますが、こちらのアイテムはミニマルデザインで高い汎用性感じるもの。様々なアイテムと合わせても難なくスタイリングを完成させてくれそうな見た目の一着だけに、持っていれば心強いですね。

男心くすぐるミリタリー、デザイン性の効いたアイテムどれもこれもそそられるものですよね。今いる環境と相談して、前向きにどうぞ。本記事で気になる羽織りものがあった方はぜひショップにコンタクトを取ってみてくださいね!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】チェコ軍のカモ柄フィールドコートなら周りとはかぶりません。
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/27~3/05】
【SHOP BLOG】これくらいの太さがちょうどいい。大人が穿きたいイージートラウザー
いま欲しいノースフェイスの服ってある? #編集部のラジオ
クローゼットから復活した〈ヘルムートラング〉のデニムジャケット #ととのいま品
20周年で注目集まるNew Balance 991 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド