FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

需要はバリタカ。ビジネス用途でもイケる、カジュアルシャツまとめ。

プライベートはもちろん、ビジカジ用途にも着られるカジュアルシャツ。ビジカジ出社の方が多いのか、サービス上でも特に頻出するニーズなのですが、どうせならその用途でイケるとっておきの一枚というのもたまには良いのでは?ということで、デート、大事なプレゼンのときに着たくなる勝負服ならぬ勝負シャツをどうぞ。

上品だけどちょっと遊びも効いた、日本ブランドのピンタックシャツ

normal_6ad9ea3c

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 N.Hotta

ラウンドしたフロントの切り替え、通称「イカ胸」が特徴的な『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のレギュラーカラーシャツ。イカ胸+ピンタック+ブロード生地というドレスシャツ的な要素を、上手くカジュアルにアレンジしてくれています。スイスコットン使用のブルー、極細のネイビーストライプというカラー展開もグッド。

着込むごとに男が上がるオックスフォードシャツ

normal_30d88690

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

縦糸にコットン、緯糸にリネンで織り上げたイタリア製の生地を使用した『BROOKYLN TAILORS(ブルックリンテーラーズ)』のオックスフォードシャツ。リネン特有のハリと光沢のある生地感は着込むほどに風合いを増すので、勝負事をする度にパワーアップしてくれる相棒のよう。スリムフィットなシルエットに、貝ボタンというのもフォーマルでよろしいです。

19世紀創業アイルランドのシャツ工房が作る、リネンシャツ

normal_28bb58c1

紹介したスタッフ
Euphonica 井本

19世紀創業のアイルランドのシャツ工房『James Mortimer(ジェームスモルティマー)』のリネンシャツ。通常よりやや身幅にゆとりを持たせた春夏仕様のシャツは、洗うごとに柔らかく、より肌馴染みの良い質感へと育ってくれるとのこと。裾サイドのガゼットがまた良いんですよね。

ミリタリー独特の素材感が魅力的な、コットンリネンシャツ

ss00528

紹介したスタッフ
LICLE

イギリス軍の第7装甲部隊(砂漠のねずみ部隊)が着用していたコットンリネン素材を再現したという『S.E.H KELLY(エスイーエイチケリー)』のデザートシャツ。上記2着と同じくリネンを使っておりますが、こちらは肉厚で程よい固さもあるパリッとした生地感が特徴的。ブランド独自の丸みのあるケリーカラー然り、着ると欲しくなる逸品です。

気分転換に最適な、フランス発ブランドのコットンシャツ

29dd7a29f96c01a41aa9

紹介したスタッフ
husband T

たまにはエクリュなカラーで気分を変えるのも良いのでは?ということで、フランス発『DE BONNE FACTURE(デボン・ファクチュール)』のレギュラーカラーシャツ。コットンキャンバス地の少しハリ感のある生地は春に最適。エスプリな気分を味わっちゃってください。

シンプルに良い。日本製のオックスフォードシャツ

normal_48b8e44c

紹介したスタッフ
FINGER FOX AND SHIRTS 原田 直哉

奇をてらわずシンプルに“良い”シャツが欲しいのなら、『FINGER FOX AND SHIRTS(フィンガーフォックスアンドシャツ)』のボタンダウンシャツを。オーガニックコットン100%の丈夫なオックスフォード生地は、ガンガン着込めそうで◎。

20代前半の頃、シャツ1枚でビシっとキマっている大人には憧れました。20代後半になった今、そろそろ僕も憧れる大人になりたい…ということで、ワードローブにこういったシャツを増やしていきたいなと思います。どうぞ、気になるシャツがあった方はショップへGO。

MORE FOR YOU

今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です
コーデュラ素材で軽快&タフになった、リーボックの名作「ビートニック」 #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド