FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

いつもと雰囲気をガラッと変えてくれる。春夏にオススメのデニムシャツ&ジャケット。

老若男女、幅広く愛されている、カジュアルの定番であるデニム。やはり年がら年中の定番といえばボトムスではありますが、これからの時期はトップスにも注目していきたいところ。そこで今回は、いつもと雰囲気をガラッと変えてくれるデニムのトップスをご紹介。

デニムの質感や色合いをトップスに持ってくると、結構印象は変わります。これからの主役としてイケるかどうか、どうぞ見定めてみてくださいませ。

絶妙なバランス感が魅力的なルーズフィットなロングシャツ

normal_01f74bf3

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

ワイドパンツとの相性がすこぶる良さそうな『Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリクス)』のロングシャツ。インディゴのしっかりとした質感が、ルーズなシルエットをしっかり引き締めてくれています。この絶妙なバランスはさすがサスクですね。まさに主役級のデニムトップスです。

存在感、汎用性抜群のブルゾン

normal_b09c50a0

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 S.Hiroki

春に軽やかに羽織れる、『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のシャツ素材のブルゾン。Gジャンをシャツ地にするとここまで違うのか…!と思わせられる一品。シャツ感覚で羽織れるので、夏前まで活躍してくれそうなのがグッドです。

こだわりの詰まったデニムジャケット

normal_244fe02e

紹介したスタッフ
ROOT

無骨なイメージのあるGジャンを上品に仕上げた『sofar(ソーファー』のセルビッジ使いのデニムジャケット。ブランド独自のこだわりは、色の落ち方。古着によく見られる黄色い色落ちではなく、白い色落ちをする生地をセレクトしているので使い込んでも上品な印象は変わりません。ドロップしているショルダーも嬉しいポイントです。

サッと羽織って様になるアトリエジャケット

normal_559015ff

紹介したスタッフ
husband T

爽やかなブルーとハリのある質感が魅力的な『GUARICHE(ガリッシュ)』のアトリエジャケット。コットンリネンを使用しているので、春夏らしい清涼感のある雰囲気に仕上がっております。気取らず、サラッと羽織りたいジャケットですね。

スタイリッシュな雰囲気のデニムシャツ

normal_e1221c3f

紹介したスタッフ
FINGER FOX AND SHIRTS 原田 直哉

薄手の素材ですっきりとしたスタイルを演出できる『FINGER FOX AND SHIRTS(フィンガーフォックスアンドシャツ)』のデニムシャツ。タイトなシルエットなので、身体のラインが綺麗に出てくれます。それでいて、袖には肘の稼働域を広げるためのタックが入っているので、腕の曲げ伸ばしがしやすいのも嬉しいところ。

デニムのトップスって下は何を着ればいいの?ってなりがちだけど、これならデニムオンデニムでもいけそうです。ぜひ記事で気になるデニムトップスがあった方はショップへ。自分も何かショップスタッフから提案してほしい!と思った方はポストしてみてくださいね!

MORE FOR YOU

ニードルズのトラックパンツ、ベストな足元はどれ? #編集部のラジオ
今欲しい革靴は〈パラブーツ〉。カジュアルなのに大人っぽい4足
今履きたいのはアシックス。「アンジェロ・バク」コラボで秋冬の足元がととのいました #今週の一足
買ってみて『やっぱり良かった』ブランドってある? #編集部のラジオ
大人も着られる、若すぎないロンT5着
今年のアウターどうする?とりあえずチェックしておきたいのはこの4着です。

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」5選