FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

形から入って仕事にコミットする。春のビジネスシーンに合う一着とは?

1013377

せっかく春になったのにいつもと同じ服を着ていては何も変わらない。特にビジネスシーンにおいては黒を基調とするからなおさら。でも着る服で季節感を取り込むことができたら何か変わりそう。新年度だし。

どうも。何をやるにしても形から入るタイプのライターSです。今回は「春のビジネスシーンに合う一着をお願いします。」というお題に対して提案されたアイテムをご紹介していきます。あなたの春は色から?素材から?形から?新年度ですし形から入って稼いでいきましょう。

スーツだけじゃない、春を呼ぶ形状記憶のフードコート

normal_511f7139

紹介したスタッフ
Lampa 遠山

まずは実に春らしい色をお持ちの『Still by hand(スティルバイハンド)』の形状記憶フードコート。さらっとアイテム名を書きましたが、これ、形状記憶です。スーツやシャツしかないと思っていましたが、カジュアルアイテムにもあるんですね。

この色ならカジュアルはもちろん、フードを取り外せるのでビジネスにも難なくはまりそうです。アイテムの特性を存分に生かすのは飛行機移動や新幹線移動が多い方でしょうか。

二度も三度もおいしい春らしい素材感のジャケット

normal_f9911c42

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 N.Hotta

続いて、ポリエステル素材を使用した上記と同じブランド『Still by hand(スティルバイハンド)』のトラベルジャケット。コットンのような見た目で春の軽快さを演出してくれる一着は、動きやすさを意識した袖のデザインも相まってスポーティーな雰囲気が漂います。

さらに裏地に仕込まれたメッシュが暑苦しい夏の活躍も期待させます。セットアップも用意されているとのことなので、オン・オフ両シーンで一度だけでなく二度も三度もおいしい体験を味わってください。

春夏でも涼しげにエレガントでいられるジャケット

normal_270f672d

紹介したスタッフ
WUNDER makoto sato

さて、最後は前述したブラックのジャケットとは毛色が異なる『m’s braque(エムズブラック)』のショールカラージャケット。襟元のショールカラーでエレガントの表情を強めている一着ですが、その一方で、ストレッチ性と通気性に優れているコットンジャージアムンゼン素材を使用した変わり種。

気温が高まると同時にドレスの雰囲気が弱まっていくこれからの季節、涼しげにエレガントでいられるジャケットは希少ですね。やるならとことんハットまで被りたいところではありますが …どうやら日本にはその土壌はなさそうです。

形から入るタイプの自分は、ランニングのために買ったはずのニューバランスを一度も公園に立たすことなく、今では私服カジュアルの最前線に立たせています。〜Fin〜

MORE FOR YOU

今穿きたい短パンはコーデュロイ! おすすめは〈オーシャンパシフィック〉の一本です。
【6月】編集部がよく“キテた”服。
夏のバッグはトートに限る!おすすめトートバッグ4品
センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!

RANKING

  1. 知らなきゃ損。日本発の「国産スニーカーブランド」6選
  2. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  3. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  4. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  5. 【6月】編集部がよく“キテた”服。