FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

あいつと被るのは御免。“被らなさ”が止まらないトップスをご教授いただきました。

街ですれ違った人と着ている服が被っただけで気分はガク落ち。まして、面識ある人と被ったら、なんとも気まずい雰囲気になりますよね?ね?巷で耳にするおそろコーデや双子コーデで収まったら、それはそれで本望だけど、そうはいかないのが大人社会。他人と被らない予防線を張るのが正攻法というわけです。

ということで今回はショップスタッフがオススメする、他と差別化図れるトップスをご紹介。単純にいいもの揃っていますよ。では、ご覧ください。

生地とネップとネイビー

ss00689

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

独特のタッチで作られる、『TONSURE(トンシュア―)』のクルーネックスウェット。グッと目に入ってくるは絶妙なネイビーの色合いとそこに映えるネップ。スウェットでこの類のものはそう拝見することがないです。

加えて素材にはコットン×シルク。それもシルクはそこらのモノではなくノンストレス且つ、経年変化を楽しめるフレンチテリーを使用しているとのこと。拘りの生地とデザインをもつこちらの一枚、被るなんてこと毛頭ないでしょう。

大人だから似合う、色気ムンムンでギア満点

ss00690

紹介したスタッフ
アンルート 二子玉川 HIRONOSUKE HORI

ハイスペックと色気を兼ねる、差別化必至の『WISLOM(ウィズロム)』の3釦ジャケット。渋い色味と3釦、細いラペルでカジュアルに落とし込んだこちらは普段着としての着用できる逸品。それを一層引き立てるのは、ナイロン素材のスポーティーな雰囲気とブランドらしさ光るギア満点のディテール。

写真はセットアップの着用画になるのですが、これほど高いスペックを備えているというのに、この色気(堀さんも色気ムンムンです)。大人にこそ着てほしいジャケット、いやセットアップで着てほしい一品です。

今治タオルを洋服へ

ss00691

紹介したスタッフ
ROOT

大胆な着想源に魅力を感じる『F/CE.®x THING FABRICS (エフシイー×シングファブリックス)』のロングスリーブシャツ。高品質の今治タオル生地を使用することで、至高の着心地を体感できるとのこと。さらに長めに設定された丈でリラックス感を創出。その点で、もはや右に出るものはいないのでは。フロントとバックにはポケットが配され、デザインも面白い。タオル生地のアイテムを着ている人に遭遇したら、浅草寺で大吉引くよりすごいですよ。(=被ることは概ねあり得ません。)

春夏は羽織る分量が減るため、必然と被る確率も高くなります。被りたくない方はぜひ、ご検討を。また、本記事で気になる他と差別化図れるトップスがあった方は、ぜひショップにコンタクトを取ってみてくださいね!

MORE FOR YOU

寒さに打ち勝つための優秀ミッドレイヤー。
今年のベストソックスはなに? #編集部のラジオ
密かにトレンドです。今年欲しいベスト4着。
【11月】編集部がよく着たスウェットシャツ
渋谷セレクトショップのイチ推しアウター5選
挨拶が気持ち良い、似合わないも言ってくれるetc…みんなが思う「いいお店」 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  3. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. 今年よく履いたスニーカーを教えてください!|#2 LINKS 半田亮