FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

定番から一歩先へ。きれいめ×デニムのような風合いを持つトップスまとめ。

トレンドに流されず、多くの人に定番として愛用されているデニムシャツ。カジュアルはもちろん、ストリートからジャケットスタイルまで幅広くフィットする、メンズファッションにおいて欠かせない存在ですよね。そんなベーシックなマストアイテムですが、きれいめな要素がもう少し加わったモノを求める声も以外と少なくないんです。

そこで今回は、デニムのような雰囲気がありつつ、きれいめなトップスをご紹介。定番がゆえ、他と差をつけたくなるのが人の性。王道を一捻りしたアイテムは独特な新鮮さもあるので是非チェックしてください。

クリーンな印象を与えるブルゾン

normal_ff399cda

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 N.Hotta

デニムやシャンブレーとはまた少し違った風合いを持つ『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のブルゾン。インディゴのシャツ素材を使用しているため軽く着こなすことができ、それでいてリーバイス2ndや、40~50sあたりのストアブランドのような風合いが魅力的。バランスの取れた着丈は、フロントボタンを開けても閉めても様になるので着まわしが利き、様々な表情を楽しめますね。

上品な光沢感のシャツ

normal_61208dde

紹介したスタッフ
ブルーナボイン東京 – STAFF 佐藤

ルーズなシルエットに設計された『ブルーナボイン』のシャツ。大人らしいスタンドカラーのシルエットは一枚でも十分すぎる存在感。加えて絶妙な光沢感があるので、爽やかかつ上品に着られる一枚。冬はコートの下にインナーとして着れば、この色味が他と違った雰囲気を演出してくれそうですね。もちろん合わせるパンツも類を選ばず、オンオフ活躍してくれること間違いなし。

サイドポケットが特徴的なバンドカラーシャツ

normal_ba522716

紹介したスタッフ
sunday people

大きめのポケットが特徴の『GROUPIE(グルーピー)』のバンドカラーシャツ。高密度のシャンブレー素材を使用したこのシャツは、カジュアルかつドレッシーな雰囲気。バンドカラーなので、ジャケットと合わせれば抜け感も生まれますね。

オリジナリティ溢れるシャツ

normal_1cf79bdb

紹介したスタッフ
TAMANIWA 塚本 晃司

ウエスタンシャツをベースに、キューバシャツの要素を取り入れた『SANCA(サンカ)』のシャツ。キューバシャツの象徴的デザインであるピンタックを前身頃と後ろ身頃に施してあり、淡く落ち着いた色味に程よいアクセントを加えています。どんなスタイリングにもマッチする、オールシーズン活躍する便利な1枚です。

生地の美しさをを生かしたロングシャツ

normal_c0e324ba

紹介したスタッフ
FREEDOM FROM COMMONSENSE. 高木 晴賀

深みのある色味の『YANTOR(ヤントル)』のデニムシャツ。鮮やかだけど、落ち着いた深みを持つこのアイテムは大人の着こなしをしたい方にはもってこい。ゆとりのあるシルエットのロングシャツはリラックスでき、軽く羽織る様な感覚で着てもしっくりくるはず。

大人の雰囲気漂うデニムシャツ

normal_e1221c3f

紹介したスタッフ
FINGER FOX AND SHIRTS 原田 直哉

『FINGER FOX AND SHIRTS(フィンガーフォックスアンドシャツ)』のデニムシャツ。余計な加工はせず、ワンウォッシュのみで男らしい一枚。ジャストサイズに設計されたシルエットはスタイリングを引き締めてくれるので、スキニーはもちろんワイドパンツやイージーパンツとの相性も抜群ですね。

いかがでしたか?気になるトップスがあった方は、ぜひ詳細から質問してみたり、試着の予約をするなど気軽にコミュニケーションをとってみてくださいね!

MORE FOR YOU

ワンマイルバッグ、小物収納のことなら〈ミステリーランチ〉のゾイドバッグにお任せあれ
夏でも履けるドクターマーチン?あのスイコックとのコラボモデルが販売中。#JOURANAL STANDARD
早めに買うが吉!アメリカブランドの定番ショーツ3選
NIKEのCROSS TAINERが気になる! #編集部のラジオ
編集部がGWにやりたい3つのこと。
暑い日のコート?ブラックのBDUジャケット #ととのいま品

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで