FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ルーズなスタイリングを成立させるアイテムたち。新参者も古参者もどうぞ。

昨年まではトレンドという括りに入っていたルーズなスタイリングも、新年度に入りその趣をより一層強め大きな潮流に切り替わった印象。「止まない雨はない」はずですが、この流れはしばらく続きそうです。

ルーズはルーズでも、新しい季節に買ったルーズはまた別のルーズ。ここらでもういっちょ加速する方も、新規で取り込む方も、目新しい感覚でご覧ください。ではどうぞ。

リーバイスの幅広さに驚きます

ss00718

紹介したスタッフ
SEPTIS タイガ

50’sモデルでこのサイズ感。古着愛好家の自分の開いた口も塞がらない『LEVI’S DEAD STOCK(リーバイス デッドストック)』の50’sモデル スウェットシャツ。

注目していただきたいのは、襟。通常はフロントのみに配されるV字ガゼットがバックにも施された面白い仕様です。身幅の広さも及第点。昔と今をつなぐ一枚で春のトップスを楽しんでください。

チャイナのようなイタリア軍

ss00719

紹介したスタッフ
TERRoIR BUYER

岡山発、差別化も図れてしまう『SETTO(セット)』のインディゴイタリアンパーカー。イタリア軍スノーパーカーモチーフに作られたこちらの一着は、インディゴの風合いとチャイナシャツのようなフロントデザインが特徴的。

素材にはパナマ織りのコットリネンを採用しているため、通気性が確保され、春夏らしい仕様となっています。またアームホール、身幅共々広くとられており、ルーズなスタイリングをするならば持っておくべきアイテムです。

着想源はミリタリー、しかしながら綺麗

ss00720

紹介したスタッフ
La Gazzetta 1987

イギリス海軍のミリタリーコートを着想源に、『ASPESI(アスペジ)』のロングコート。ハリのあるコットン素材を使用し、ミリタリーらしいソリッドな佇まいでありながらも、ゆったりとしたAラインは健在。

ワイドパンツとの相性も良く、インナーで着膨れしてしまいそうになっても、それを包んでくる懐の広さを持っていますよ。ボタンを開けるか開けないかはご自由に。

ブランドらしい定番スタイル

ss00725

紹介したスタッフ
FREEDOM FROM COMMONSENSE. 高木 晴賀

定番として揺るぎない『URU(ウル)』の1釦ジャケット。ジャケットが本来持つフォーマルな雰囲気を抑え、リラックス感を重きに置いたこちらの一着。

肩周りはコンパクトな仕上がりというのに、アームホールは太め、そして身幅も広めという同ブランドのパターン技術にうっとり。洗いによって生まれた生地の風合いをぜひ、堪能していただきたいところ。

ルーズなスタイリングに、ルーズにハマる一着

ss00726

紹介したスタッフ
LICLE

生地への拘りと着る人への配慮感じるモノづくり『S.E.H KELLY(エスイーエイチケリー)』のバルマカーンコートは、シンプルな見た目とは相反した高いクオリティーの持ち主。

雨風に強く、それでいて薄いベンタイルのフライトウェイト生地を採用し、機能面を補完。また随所に施されたディテールはそれを強固にすると共に、リラックスした着心地を演出しております。ルーズなスタイリングの締めくくりとして申し分ない一着です。

本記事で気になるルーズなアイテムがあった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてください!

MORE FOR YOU

半袖が苦手な大人へ。肘が隠れる半端丈トップスのすすめ。
父の日ギフトにおすすめのパイルT、サンダルetc.|今週末の買い物メモ#06
地味だけどワードローブが“ととのう”服 #編集部のラジオ
狙いはボックスロゴ以外。〈シュプリーム〉のナイロンキャップ #地味シュプ
今夏の正解はワイド×膝丈ショーツ?! レフトなら街から山までいけます。
サスティナブルなスタンスミスはあり? #今週の一足

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  5. ショップ店員が選ぶ、定番にしたい「白Tシャツ」ブランド12選