FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

これが大人の心情。温和な季節に合う、ダラシなくないワイドパンツ5本。

tonsure-widepant-top
近年ますます注目を浴びているワイドパンツ。ストリートっぽいものからドレスっぽいものまで、バリエーションが数多あるわけですが、ワイドという言葉に引きずられすぎた「だらしない」ものは避けたい、というのが大人の心情。

そこで今回は、「1962歳」と、現在の年齢と生まれ年を間違えてしまった(?)ユニークなユーザーさんの上記ニーズにショップスタッフが提案してくれた、“だらしなくない”ワイドパンツをご紹介。温和な季節に合う綺麗なワイドパンツをお探しの方は、ぜひご一読ください。

素材感とドレープ感とミニマルデザイン

ss00734

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

弊社ライターSも昨年購入した『TONSURE(トンシュア―)』のワイドパンツ。ストンと落ちた綺麗なドレープにうっとりするこちらの一本。素材に使用したコットンポプリンの薄手で軽やかな素材感と無駄のないミニマルデザインは、春夏アイテム筆頭とも言えるもの。また特徴的な同素材のベルトはタックインスタイルで映え、春夏のコーディネートをさらに楽しませてくれますね。

アップグレードした今季新作

ss00735

紹介したスタッフ
SEPTIS タイガ

ご覧の通り、革靴との相性もすこぶる調子が良いドレッシーな雰囲気漂う『RICCARDO METHA(リカルドメサ)』の2タックイージートラウザー。多くのハイブランドからも支持される老舗テキスタイルメーカーであるMarzotto社の生地を採用し、サラッとした穿き心地と共に上品な面構え。腰周りは2タックが入り、イージー仕様でリラックス感を確保したやり過ぎないデザインがGOOD。「大人の皆様ワイドパンツを求めるならば、同ブランドは目を離せませんよ。」、スタッフ・タイガさんの受け売りです。

春夏ぴったり、持っていて損なしのパンツ。

ss00736

紹介したスタッフ
TERRoIR BUYER

春夏らしさとリラックス感を備えた『SETTO(セット)』のリラックスパンツ。アイテム名の如くリラックスして穿ける仕様は、素材とウエストゴムゆえ。気になる素材にはスーピマコットンを迎え、春夏らしい程よいハリ感と軽く柔らかい風合いを生み出しています。淡い色味も、今季着たい柄物トップスとの相性の良さを促し、ストンと落ちたシルエットも上々。こういった類のパンツは一本持っておくとかなり便利です。

デニム見えてデニムでない。極端ワイドパンツ

ss00737

紹介したスタッフ
sunday people

極端なシルエットが乙な『GROUPIE(グルーピー)』のペインターパンツ。一見で“デニム”と見える一本には、デニム生地でなく春夏らしいコットンリネンを使用。シルエットも股上が極端に深く、かなりのワイド感。しかしそこにはもたつきがなく、いい塩梅にスタイリングのアクセントに加わる具合が堪らないです。

渋く、整ったバランス感が良い一本

ss00738

紹介したスタッフ
orlo

高級生地を使用した、『cleaveland(クリーブランド)』のイージーパンツ。生地からくる光沢が上品な面構えでありつつ、ドローコードのイージー仕様でリラックス感も兼ね備えた一本。セットアップの佇まいは雰囲気纏うNICEなものですが、単体でも渋い雰囲気を放ってくれますよ。至高の穿き心地にきっと悶えてしまうことでしょう。

一度ワイドパンツに手を出してしまうと中々スキニーやら細身のパンツにいけなくなってしまうんですよね。ぜひ本記事で気になるワイドパンツがあった方は、ぜひメッセージで在庫を確認して、ショップへ行ってみてください!また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてくださいね!!

MORE FOR YOU

センスが合わない友達と買い物に行くのはもったいない? #編集部のラジオ
無地Tの強い味方。手ぶらも叶えるおすすめカーゴショーツ4本
グリーン、パープル、ピンクetc… 今年はカラフルな無地Tが気分です!
2022年上半期のベストバイ #編集部のラジオ
こんな「キョウト」がほしかった!ビルケンシュトックのジャーナル スタンダード別注モデルを見逃すなかれ。
“ダサかっこいい”が新鮮! 今年こそ着たい半袖シャツ。

RANKING

  1. ショップ店員推薦。定番にしたい白Tシャツのブランド11選
  2. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド
  3. 【6月】給料日の買い物メモ
  4. ショップ店員推薦。おしゃれなメンズキャップブランド15選。
  5. 肌が透けません。セレクトショップから厳選した厚手の白Tシャツ10枚。