FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

髪型をキメるまでもない。そんな“ちょっと出”のときに、スッとハマる帽子。

ワックス等々をかけて髪型をキメるまでもないけど、寝癖の関係で帽子を被りたいときってありますよね?でも、どのスタイリングにも合うなんて都合のいい帽子は中々なく、結局帽子にあった服装をしてしまうというオチがつきます。

ただ、そんな都合のいいものはないけど、比較的にいろんなスタイルに合いやすい帽子はあるわけで。今回はショップスタッフがオススメする、ちょっと出のときに重宝する帽子をご紹介。朝弱いという方は、是非ともご覧ください。

冬だけでなく春にもどうぞ

ss00745

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 S.Hiroki

定番モデルにミックス糸を使用した『crepuscule(クレプスキュール)』のニットキャップは、通年で被ることのできる優等生。冬に被ることが妥当とされるニット帽ですが、ここまでの面構えになってくると春コーデに組み入れても十分な活躍が期待できます。“ちょっと出”というフレーズにドンピシャリなアイテムです。

コラボで一層いい顔になったジェットキャップ

ss00750

紹介したスタッフ
LICLE

単純に良いブランドがコラボした『HOMBRE Nino×COMESANDGOES(オムブレニーニョ×カムズアンドゴーズ)』のジェットキャップ。素材にポリエステルと綿を迎えることで、綺麗な見た目なのに吸湿性と防しわ性にも優れているという完璧な一品に。カラーバリエーションも良く、アジャスター部分の牛革もすこぶる気分を上げてくれるものです。ちょっと出には最適、長時間のお出かけでもBESTです。

スウェット素材をジェットキャップに

ss00746

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 S.Hiroki

適度に抑えられたストリート感が良い『Trad Marks(トラッドマーク)』のジェットキャップ。注目すべきは素材。ジェットキャップで、まずお目にかかれないであろうスウェットを使用することで、角がとれた柔らかな印象に仕上がっています。気軽さは素材から感じられ、ちょっとした外出にも◎。またジャケパンスタイルのハズしとしても面白いでしょう。

春という季にはギンガムチェックを

ss00747

紹介したスタッフ
wien

『Aspiration(アスピレイション)』のジェットキャップは、キャップでギンガムチェックというありそうでなかった柄が面白い。それでいて、驚くほどの軽いとのこと。スタイリングのアクセントになり得るアイテムのため、ちょっと出でもお洒落を見せつけられます。また、他と差別化も図れるのもNICEです。

 別注により風合い増した一品

ss00748

紹介したスタッフ
SEEK&FIND

妥協のないモノづくりに定評あるブランドとの至極の別注アイテム『BONCOURA(ボンクラ)』の別注US NAVY HAT。定番モデルにSEEK&FINDが別注をかけ、肉厚且つ経年変化を楽しめる生地にモディファイ。絶妙な色味でありながら、被り込むことで表情の変化もみられ、愛着沸くこと間違いなしです。「どんなスタイリングとも合います。」とスタッフさんがおっしゃっていることもプラスして、これは持っていて損なしと断言できますね。

ヴィンテージの匂いを纏うベレー帽

ss00749

紹介したスタッフ
TERRoIR BUYER

リメイクブランドと帽子ブランドが手を組んだ『yoused×SAVE(ユーズド×セーブ)』のベレー帽。ヴィンテージのワークジャケットを解体し、作られたこちらの一品。後ろ部分にはバンダナが配され、いい塩梅にアクセントが加わっています。一点一点ハンドメイドで作られる一点物のため、他と被ることは考えられないです。

本記事で気になる帽子があった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてください!

MORE FOR YOU

今年も水沢ダウン【DESCENTE ALLTERRAIN / オルテライン】の予約が始まりました!お得なキャンペーンも実施中
ノースフェイスとカナダグース 人気ダウンどちらを選ぶ?
サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選

RANKING

  1. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 知らなきゃ損。日本発の国産スニーカーブランド6選
  4. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド