FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

20代のうちに一本は持っておきたい。日本ブランドの長く付き合える、良質な定番デニム4選。

トレンドの移り変わりが色濃く出るボトム市場。ワイドパンツ然り、トレンド感を出しやすいのはトップスよりもボトムスなんですよね。ただ、そういったベクトルとは別軸で長く付き合える“定番”というのも持っておいて損はありません。

とりわけ、男なら“長く付き合えるデニム”というのも20代のうちに一本は持っておきたいところ。そこで今回はショップスタッフがオススメする、日本ブランドの良質な定番デニムをご紹介。思わず財布事情を無視して買っちゃいそうなものが揃っていますので、是非。

「完成度、プライス含め、自信を持ってオススメする定番デニム」

normal_e166bdd7

紹介したスタッフ
ブルーナボイン東京 – STAFF 佐藤

オールシーズン定番としてリリースされている『BRU NA BOINNE(ブルーナボイン)』のフェリシンデニムは、定番だからこそデザイナーがこだわり抜いた一本。

力織機によるセルビッチデニムを使用し、縫い代の取り方など、穿き込んでいく事で生まれるアタリや色落ち等の変化を研究。さらにミリ単位でパーツ毎に縫い幅を変えるなど、そのこだわりによる完成度はショップスタッフも太鼓判を押すほど。穿けば、買ってしまう。そんなデニムです。

「穿けば穿くほど自分の分身のように育ちます」

normal_5f4e1ea0

紹介したスタッフ
SEEK&FIND

デニム好きが舌を巻く、『BONCOURA(ボンクラ)』の66。1年以上の製作期間を経て作られたというこちらは、原綿の配合から紡績、機織り、染色といったすべての工程にデザイナーのこだわりが反映されたもの。

穿く人を選ばないとはまさにこのことで、リーバイス66モデルをモチーフにした、自然な美しいテーパードはどんな人にもハマってくれます。スタッフさんの「穿けば穿くほど自分の分身のように育つ」というコメントも非常に気になりますね…。

「人気のデニムです」

normal_f72854fc

紹介したスタッフ
LICLE

テーパードデニムと言えば欠かせない、『LIVING CONCEPT(リビングコンセプト)』。こちらの少しテーパードが掛かったワイドデニムは、程よいゆとりと綺麗なシルエットがグッドな一本。

また巻き縫いを使用しているため、見た目だけじゃなく強度という面もばっちり。毎日穿けるタフさとそのデザイン性、人気が出るのも頷けます。

「ブランドの定番型でスーピマ綿特有の光沢が魅力的です」

normal_7188487a

紹介したスタッフ
wien

滑らかで光沢感のある上質なスーピマコットンを使用した『FIRMUM(フィルマム)』のセルビッチデニム。同ブランドらしい、リベットを排したミニマルなディティールに、絶妙な細身加減のテーパード。そして、レングスはやや短め。

この素材とディティール、シルエットで一発でフィルマムと分かるデザインが良いんですよね。男臭いデニムには少し抵抗があって…という人にこそ穿いてほしい一本です。

やはり時代に左右されない定番となるとストレートではなく、テーパードが多くなる模様です。スッキリとしていて、スタイリングにフィットしやすいのって大事ですもんね。

本記事で気になるデニムがあった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてください!

MORE FOR YOU

【SHOP BLOG】生地はヴィンテージっぽく、シルエットは今っぽく。〈DESCENTE ddd〉のコーチジャケット
今週末に編集部が読んでほしい記事【2/20~2/26】
2021年はクラシックシューズ回帰?プーマのスウェードがキテます #編集部のラジオ
あの名作がミニマルに“進化”。スラックフットウェアの上品スニーカー「ELCLUDE」に注目です
グリーンを買った自分をほめたい。〈バトルレイク〉のデイパック #ととのいま品
【SHOP BLOG】素材はもちろんコットンダック。カーハートのミニポーチが入荷です

RANKING

  1. 「カジュアルスタイル」に合う革靴とは?間違いなしな7ブランドをご紹介。
  2. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  3. ショップ店員が厳選。「おしゃれなメンズキャップ」ブランド16選
  4. ショップ店員推薦の「ニット」ブランド10選。老舗から新定番まで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド