FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

この組み合わせが効果抜群。ワイドパンツに合う、春アウターまとめ。

もはや定番と言っても過言ではないワイドパンツですが、今まで細身中心でスタイリングを組んでいた方はそのボリューム感と慣れないサイズ感から、トップス選びに少々苦戦しているのでは?

そこで今回はショップスタッフが提案してくれたワイドパンツに合う春アウターをご紹介。この時期のスタイリングの顔になるアイテムたちです。ぜひ、新調のご参考に。

独特のシルエットと素材、作り

ss00761

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

オーバーサイズで短い着丈がワイドパンツに馴染む『CLASS(クラス)』のカバーオールジャケット。肩の傾斜具合と70’sのG-1をモチーフに配されたフロントポケットが特徴的なこちらの一着。

60/2の7oz先染めギャバジンを素材に迎えたことにより、独特なハリ感と上品な光沢、使い込むことで風合い増す仕様への仕上がり。短い着丈を生かしてタックインスタイルで男前に合わせてほしいところ。

ブランドの仕立て技術光る一着

ss00762

紹介したスタッフ
SEEK&FIND

タイトなシルエットがルーズなパンツに合う『SCYE(サイ)』のジップアップジャケット。タイトなシルエットが、ワイドパンツとの相性良さを仄めかすこちらの一着。

素材にはコットンを使用し、製品染めすることによってマットな質感と独特なムラ感を演出。ワイドパンツとは言わずもがな、ご覧の通りセットアップでの着用も雰囲気あります。

春はインディゴでクリーンに

ss00763

紹介したスタッフ
Eight Hundred Ships【EHS】 N.Hotta

インディゴがこの季節にハマる『STILL BY HAND(スティルバイハンド)』のジージャンタイプブルゾン。多くのアイテムからデザインを取り入れ、どのデニムブルゾンとも一風違う雰囲気を纏う一着。

べーシックなジージャンと一目で違いを見せつけるのがフロントポケット。クリーンな印象でありつつ、どこか男らしさもある仕様が乙ですよね。ライトウェイト素材はで春夏シーズンに活躍必至。デニムのワイドパンツでデニムオンデニムも面白いです。

特徴的な袖プリントとサイズ感

ss00764

紹介したスタッフ
TALKING ABOUT THE ABSTRACTION

トレンドを踏まえたストリート感を纏う『TALKING ABOUT THE ABSTRACTION(トーキングアバウトジアブストラクション)』のスリーブプリントコーチジャケット。

袖に配されたプリントがストリートとしての体裁を保ちながらも、サイジングはあくまでゆったり。ワイドパンツとの組み合わせも◎、細身で合わせてもサマになる一着です。

確かなモノづくりによって生まれた逸品

02211824_58ac07346a9a9

紹介したスタッフ
LEN Sho Yamamoto

ベーシックな佇まいながらも、確かなモノづくりに定評ある『THE RERACS(ザリラクス)』のコーチジャケット。素材はコーチジャケット定番のナイロンポリに、シルエット、型等を一新したのがこちらの一着。

定番と言いつつも、ヴィンテージフィニッシュした滑らかなピーチスキンを使い、柔らかな風合いと防水・撥水性も備えた仕上がりに。落ちた肩、ワイドな身幅も今っぽく、大人も羽織れるコーチジャケットとはまさにこれといわんばかりの逸品です。

いかがでしたか?
本記事で気になる春アウターがあった方は、ぜひ提案してくれたショップへ行ってみてはどうでしょうか?また、自分も欲しい服を提案してほしいという方はぜひアプリで投稿してみてください!

MORE FOR YOU

サロモン、ホカオネオネ…秋に履きたいスニーカー3足
ゲームシャツはモテない #編集部のラジオ
色出し抜群のご機嫌カラーアイテム8品。
ビジネスで使えるチノパン。おすすめブランド10選
一着は欲しいハードシェル。安心のアウトドアブランドから選びました。
最近のアークテリクスの人気についてどう思いますか? #編集部のラジオ

RANKING

  1. いま街で人気のメンズキャップブランド15選。
  2. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  3. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介
  4. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド