FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

ああ、美しきインディゴブルーの服。アウターからボトムまで1点ずつご紹介。

インディゴ染めによる独特の色味に唆られる

生きているような、変化する色味が人を虜にする“インディゴブルー”。どこか清涼感もあるので、夏になったら着たくなるアイテムの筆頭でもあります。今回はそんなインディゴブルーの服をアウターからトップス、Tシャツ、ボトムまで1点ずつご紹介。インディゴブルーの全身コーデ…はさすがにやりすぎかもしれませんが、意外にやってみるのも面白いかも?

他にはないアイデンティティーを持つ、アルチザンデニムコート

normal_1085925d

紹介したスタッフ
ブルーナボイン東京 – STAFF 松尾

どこか雰囲気ある佇まいが人を魅了する『ブルーナボイン』のアルチザンデニムコート。タテ糸に淡いインディゴ、ヨコ糸に自然なネップのある反応染めによるサックスカラーを使用した、他にはないアイデンティティーを持った逸品です。無駄なディティールを省き、ステッチも同色するなど、デニムアイテムの無骨なイメージを払拭する配慮もさすが。

深みのあるインディゴブルーが美しいロングシャツ

normal_c0e324ba

紹介したスタッフ
FREEDOM FROM COMMONSENSE. 高木 晴賀

鮮やかでも落ち着きが感じられる『YANTOR(ヤントル)』のロングシャツは、深みのあるインディゴブルーが美しい、シャンブレーデニム生地を採用した一品。ボディ部分に立体的なゆとりが生まれるパターンにすることで、リラックス感のある雰囲気も演出。大人が着てこそ映える、ロングシャツです。

色を落としたライトインディゴが良い、今っぽいTシャツ

normal_c47b8ee9

紹介したスタッフ
store a 一明 徹

程よい肉厚さと、ゆったり着られるワイドなシルエットが気分な『LIVING CONCEPT(リビングコンセプト)』のインディゴ染めTシャツ。ユーズド加工することで、色を落とし、こなれ感のあるライトインディゴに。上述した深みのあるインディゴブルーのアイテムとは、また違った意味で合わせやすいのでは。

クリーンな雰囲気が只者ではないと思わせるワイドパンツ

IMG_6197-1024x682

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

クリーンな雰囲気がただのデニムとは違うと思わせる『TONSURE(トンシュアー)』のワイドパンツ。日本製の9ozデニムを使用しつつ、色気のあるデザインにグッときます。ウエストに同生地のベルトを配しているで、タックインして穿くのもオススメですよ。

今回紹介したインディゴブルーで全身コーデ、これアリではないでしょうか?気に入ったらマネキン買いならぬ、エスマガ買いで全部買っちゃってください。

MORE FOR YOU

大人のミリタリーウォッチ。どっちの別注を選ぶ?
EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
初買いのニット帽は〈イノウエブラザーズ〉のリブハットでした。 #ととのいま品
ヘビーデューティーで再注目。「シエラデザインズ」のマウンテンパーカーが着たい!
心機一転。バッグを新調するときに検討したい3品。
ロスアパのスウェパン、裾がたまりすぎる問題 #編集部のラジオ

RANKING

  1. 大人が着るべき「パーカー」とは?プロが選んだおすすめ10ブランドをご紹介
  2. フードが立つ「パーカー」は、腕も立つ。おすすめ4枚をピックアップしてみました
  3. EDIFICEのセールで見つけた「買い」な6品。
  4. 「サーマル」ってなに?基礎知識から、失敗しない9ブランドまで
  5. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧めるのはこの6ブランド