FACY 1タップで 出会える 話せる

NEWS

もう早くない。こんな暑い季節にふさわしいプリントT3枚をピックアップ!

梅雨も始まってないのに、初夏ですか…?

GWが終わって、さっそく日中の温度が25度を超えるという事態。これからはずっと日中は20度越えの日々ということで、暑がりの皆さんは早々にトップスをTシャツにシフトチェンジしたいのでは?今回はこの季節に一枚で着たくなるプリントTを集めたので、ぜひシフトチェンジのご参考にどうぞ。

アメリカ・パンク界の重鎮によるTシャツブランド

normal_18c31f80

紹介したスタッフ
アメリカンラグシー名古屋店 ryuji takaki

ブラックフラッグ、サークルジャークス、現在はオフ…とパンク好きなら知らない人はいないアメリカ・パンク界の重鎮キースモリス。そんな彼がTシャツブランド『IMAGE CLUB LTD.(イメージクラブリミテッド)』をスタート。LAのロックやストリートシーンの写真を納めたTシャツは、どれもインパクト絶大。国内ではアメリカンラグシー限定で展開とのことなので、気になる人はぜひ店頭へ。

一枚で着たくなるオリエンタルな雰囲気

normal_a8bca98d

紹介したスタッフ
LINKS 酒井 浩平

日本三大盆踊りの一つ、秋田県の西馬音内の盆踊りを描いた『Sasquatchfabrix.(サスクワァッチファブリックス)』のプリントTシャツ。フロントだけでなく、バックには2017S/Sのテーマである“ethos”をギリシャ語でプリント。一枚で映える、オリエンタルな雰囲気が大変グッドです。

何処と無くポップで愛嬌のある似顔絵がクセになる

normal_d096c37e

紹介したスタッフ
LILY kosuke kato

シルクスクリーンプリント・アーティストである『NAOMI “SOUTH”(ナオミサウス)』。こちらのTシャツは、60年代〜80年代のアート界を牽引したポップアートの巨匠であるアンディ・ウォーホールをテーマにしたもの。何処と無くポップで愛嬌のある似顔絵がクセになる一枚です。ちなみに、素材は全てオーガニックコットンというのもポイントでしょうか。

暑くて、すでにオフィスではサンダルを履いている…という自分にとってもプリントTは気になるアイテム。やっぱり無地Tより、プリントTの方が夏らしさ出るんですよね。

でも、プリントTは少し子供っぽくて苦手という方は、「プリントTではないのですが…」と提案されたEHSのアイテムもぜひチェックしてみては?

MORE FOR YOU

冬のキャンプ最強ダウンのナンガ(NANGA)
今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
大寒波を乗り切る機能性スカーフは冬の新定番に
春に向けて揃えたいポロ ラルフ ローレン(POLO RALPH LAUREN)
カーハートダブリューアイピー(CARHARTT WIP)は大人のためのワークウェア
トラッド以外にもバブアー(BARBOUR)が人気の理由

RANKING

  1. 普段履きしたいカジュアルな革靴って? おしゃれを楽しむための8ブランド
  2. 今一番入手が難しいダウン ダイワピア39(DAIWA PIER39)
  3. いま欲しいブラックデニム3本。まず注目すべきは“後染め”でした。
  4. 気になるのは「国産」メガネ。プロが勧める7ブランド
  5. 大人が着るべきパーカーって?おすすめ10ブランドをご紹介